「ユーザビリティ/ペルソナ/IA」カテゴリの記事 -解説記事

内容カテゴリ「ユーザビリティ/ペルソナ/IA」すべての種別カテゴリ編集記事を表示しています(全362記事)。

記事を表示する条件を変更する
記事タイプで絞り込んで表示

「ユーザビリティ/ペルソナ/IA」カテゴリの記事 -解説記事

全 362 記事(記事公開日時の新しい順)

ページ

太田良典 7/25 12:16 51 51 26

簡単なので是非一度やってみてほしいユーザーテスト。弁護士ドットコムのアクセシビリティ対応、ユーザー調査の準備編(第3回)。

村田真由子(Web担編集部) 7/5 7:00 42 19 4

アンケート結果へのすばやい対処がカスタマーエクスペリエンスの向上に直結する――クアルトリクス合同会社 カントリーマネージャー 熊代悟氏に聞く

モリマミコ(マミオン) 6/4 7:00 46 33 7

ネットでは“流し読み”で商品を探すユーザーが主流になりつつある。目的を持って商品を探したり、吟味して比較するのではなく、インスタやTwitterも使って流行商品や面白い商品を探すような時代に、ECサイトはどんな見せ方をするべきか?

太田良典 4/24 7:00 342 161 123

SEOを意識してWebサイトをきちんと作ると、アクセシビリティ向上につながります。弁護士ドットコムのアクセシビリティ対応、Webサイトの現状を知る編(第2回)。

モリマミコ(マミオン) 3/1 7:00 81 9 5

配送日時、在庫の有無、色のバリエーション、商品の見た目……ECサイトでユーザーが求めている情報は多岐にわたる。その情報をいつどのようにユーザーに伝えるかも重要だ。情報を過不足なく伝えるため、4つのポイントを意識しよう。

弁護士ドットコムがアクセシビリティに本気で取り組む狙い

弁護士ドットコムがアクセシビリティ向上に本気で取り組むワケ

太田良典 2/19 7:00 236 84 15

弁護士ドットコムはアクセシビリティエンジニアを採用し、本格的にWebアクセシビリティの向上に乗り出した。その狙いとは?(第1回)

羽山 祥樹(HCD-Net) 2017/12/13 7:00 410 33 10

ペンと紙でプロジェクト参加者の議論を可視化し、一歩前へ進めるグラフィック・レコーディングについてグラグリッドの和田さんに聞いた。

モリマミコ(マミオン) 2017/12/11 7:00 66 17 11

2017年を代表する流行語になった「インスタ映え」。10~20代だけでなくプレシニア層・シニア層・シルバー層も、“見栄えのいい写真”に興味を持っている。今どきのECサイトは、「購入してもらったら終わり」ではなく「インスタにアップしてもらったら終わり」と意識しよう。

モリマミコ(マミオン) 2017/11/01 7:00 483 81 31

Amazonは普通に使っているのに、他の通販サイトですぐ離脱してしまうシニアは多い。そうしたユーザーの行動を観察してみると、思っている以上に意外な部分にこだわったり、逆に大事な情報を無視したりしていることがわかる。

鈴木 健(ニューバランスジャパン) 2017/10/17 7:00 150 19 3

突然、Web担当者になったとしたら? マーケティング全体の視点から、Web担当者としてやるべきことをニューバランスジャパンの鈴木氏が整理して伝えます。

モリマミコ(マミオン) 2017/09/11 7:00 321 294 23

ユーザーテストでは、目的の設定、参加者の選定などをしっかりする必要がある。一方で、気軽におしゃべりをしながらユーザーを観察するだけでも、自分と違う視点で、改善項目に気づくことができる。

モリマミコ(マミオン) 2017/07/26 7:00 50 89 7

ネットやコンピュータが「わからない」「苦手だ」という人は、まさかの行動をとる。画面の内容を把握して判断するのではなく、思考をストップさせて「上から○番目をクリック」のように、手順を丸覚えしようとするのだ。優秀なアナタには想像できない、ユーザー行動を理解しよう。

モリマミコ(マミオン) 2017/06/19 6:00 35 26 7

人は基本的に、「めっちゃ面倒くさがり」だ。面倒くさくなる理由は、「ひと手間かかること」だが、提供者は意外とこれに気づいていない。ユーザーが面倒に感じる部分を見つけるには、とにかく「自分とは違う人に使ってもらう」ことだ。

反中 望 2017/06/13 7:00 91 28 12

AI(人工知能)が発展していく時代の中でUXデザイナーは何を考え、どう振る舞うべきかをテーマにしたイベント「AI eats UX?」の後編をレポートする。

反中 望 2017/06/06 7:00 42 16 9

人工知能(AI)の技術発展がUXデザインにどのような変化をもたらしているのかをテーマにしたイベント「AI eats UX?」をレポートする。

モリマミコ(マミオン) 2017/04/04 7:00 277 35 8

「何でも自由に訊ける」「質問すれば答えてくれる」仕組みがあっても、「なにを訊けばよいかがわからない」というユーザーも。「なにがわからないかわからない」ユーザーはどう助ければいいのか。

モリマミコ(マミオン) 2017/01/17 7:00 49 41 12

「覚えようとする気がない人は、覚えない」「わかろうとする気がない人は、わからない」――覚えるつもりもなく試行錯誤なんてしたくないのが、ユーザーの真の姿。なのに、「考えればわかる」という姿勢になっていないだろうか。

モリマミコ(マミオン) 2016/12/01 7:00 304 39 21

サービスやサイトの提供者は、「簡単に使える」と思っているが、それはあくまで「つもり」であって、「簡単モドキ」に留まっているかもしれない。こういう場合、「諦める」「使わない」ことがユーザーにとって「もっとも簡単な選択」になってしまう。

羽山 祥樹(HCD-Net) 2016/11/25 7:00 193 78 10

UXデザインはプロジェクトの構成要素の1つだというHOME'SのUXデザイナー小川さんに聞いた。

モリマミコ(マミオン) 2016/10/17 7:00 27 15 0

パソコンやスマホの使用による疲労は、独特のものがある。これは「加齢による目の変化」「考えなくてはいけないという思い込み」「自分自身の思いもよらない行動」という3つが原因だ。それぞれについて、具体的な対処方法を紹介したい。

モリマミコ(マミオン) 2016/09/01 7:00 189 57 12

スマホもWebサービスも使いこなしているのに、機械音痴を主張する「永遠の初心者」。そういう人たちは、実際に問題を抱えていても、自身では認識していない。ここで重要なのは、ユーザーの感情を理解することではなく、操作を観察することだ。

安田英久(Web担 編集統括) 2016/08/30 7:00 149 191 18

今日は、「顧客にどんな価値を提供して売上を得るか」の話題を。

あなたは「手数料」を払うのは好きですか? 米国の金融機関で、手数料を引き下げ、さらには妨害手数料を撤廃したことで、結果としてメリルリンチを超える資産を顧客から預かるまで成長したところがあるのです。その名も「チャールズシュワブ」。

スティーブ・クルーグ 著/福田篤人 訳 2016/08/18 7:00 496 147 29

ほとんどのWebページは、半分までなら一切価値を減じることなく語数をたやすく圧縮できる。誰も読まないような言葉はすべて取り払ってしまうほうがよっぽど良い。

スティーブ・クルーグ 著/福田篤人 訳 2016/08/10 7:00 52 39 12

ユーザーはあなたのWebコンテンツをじっくり読んでくれない。彼らに情報を伝えるために押さえておくべきポイントを解説します。

Web担編集部 2016/08/09 10:47 128 20 2
GDOによるカスタマージャーニー設計&実践、キノトロープによるCMS活用解説などCXについての理解を深める全5セッションのセミナーイベント。
スティーブ・クルーグ 著/福田篤人 訳 2016/08/04 7:00 297 53 24

ユーザビリティには「明瞭さ」以外にも重要な要素がある。「正しいことをする」、つまりユーザーに気配りをすることだ。信頼度の毀損を避け、より信頼を増加させるためのベストプラクティスを紹介する。

スティーブ・クルーグ 著/福田篤人 訳 2016/07/28 7:00 72 26 9

「ページをくっきりと分けられたエリアで区切る」「クリックできるものを強調する」「“ノイズ”を気怠そうな唸り程度に抑える」「流し読みしやすいテキストフォーマットにする」――読みやすくするための要点を解説します。

超明快 Webユーザビリティ[Web担特別公開版]

ユーザーに考えさせちゃダメ! クルーグのWebユーザビリティ第一法則

スティーブ・クルーグ 著/福田篤人 訳 2016/07/21 7:00 1295 325 124

Webサイトやアプリを確実に使いやすくするためには、何がいちばん大切か ―― その答は簡単だ。「ユーザーに考えさせちゃダメ!」これはすべてに勝る大原則だ。

モリマミコ(マミオン) 2016/07/15 7:00 74 29 4

ユーザー名、登録したメールアドレス、パスワード……。大事な情報にもかかわらず、まったく覚えていないというユーザーにしばし出くわす。アカウント設定におけるユーザー像を考察する。

篠原 稔和(ソシオメディア株式会社) 2016/05/20 7:00 77 57 19

「我が社にもイノベーションを!」とトップが号令をかけているのに、いざあなたが改革をすすめようとしたとき、「出る杭」として打たれてはいませんか? UXと組織の専門家が、その課題と解決のポイントを解説します。

【レポート】カスタマーエクスペリエンスコンファレンス2015

人の感覚はあてにならない! ヒートマップ+A/Bテストで見えたCV向上の真実

柏木恵子 2016/05/13 7:00 137 111 26

ユーザーは、Webページのどこを、どのくらい見ているのだろうか。ヒートマップとA/Bテストを組み合わせることでサイト訪問者の“キモチ”が見え、なぜ・どうすればコンバージョンが上がるのかが見えてくる。

篠原 稔和(ソシオメディア株式会社) 2016/05/11 7:00 56 49 16

「CX」「UX」に「UI」、それを取り巻く「人間中心設計」「サービスデザイン」、さらに「デザイン思考」といった用語の数々。いろいろあってわかりづらいこれらの用語について、その意味と考え方を整理しつつ、「カスタマーエクスペリエンス」に関連した領域で起きているムーブメントとWeb担当者とのかかわりについて解説

シニア層をガッチリつかむECサイト構築術 「SFO」のススメ

もっとシニアを知るため、アンケートやユーザーテストを実施してみよう(全6回の6)

佐藤純(マミオン有限会社) 2016/04/05 7:00 49 32 12

シニアの「バラつき」と「予想外の行動」に対応するための調査手法「アンケート」「対面型ユーザーテスト」「リモートユーザーテスト」それぞれのコスト感や特徴、注意点などを紹介する。

佐藤純(マミオン有限会社) 2016/02/24 7:00 80 65 35

PCやスマートフォンを使いこなすシニアは、間違いなく増え続けている。第5回は総務省などが公表しているデータをもとに、シニアにおけるIT機器の浸透度合いをあらためて確認したうえで、「シニア向けのサービスはどうあるべきか」を少し考えてみたい

四谷志穂(Web担編集長) 2016/02/23 7:00 340 85 37

Rettyのコンセプトやこだわりのデザイン設計などをデザイナーの近藤氏に聞いた。

田中慶樹(株式会社エフ・コード) 2016/02/19 7:00 38 30 23

エントリーフォーム改善施策の提案書をどのように作成すべきか、提案書の構成や作成時のポイントを紹介します。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2016/01/25 12:00 51 73 11

マイクロモーメント時代のUXはどのように実現すればよいのか。ナイキジャパン、スターバックス、ゴルフダイジェスト・オンラインの事例からそのヒントを探る。今後、コミュニケーションの接点はあらゆるデバイスに展開され、マイクロモーメント化はますます加速する。まずは自ら取り組んでみることが重要だ。

佐藤純(マミオン有限会社) 2016/01/21 7:00 231 52 33

「眼」や「手」の衰えという、シニア特有の避けがたい問題に対し、「文字サイズ」「行間」「配色」「UI設計」など、主要な7ポイントについて解説し、どうすればシニアが戸惑わずにサイト閲覧・操作をできるか考える。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2015/12/25 7:00 124 44 13

スマートフォンによってもたらされた最大のユーザー体験は、「何かしたい」と思った瞬間に、手元にあるデバイスで情報収集や購買を行えることだ。その瞬間である「マイクロモーメント」をとらえるには、従来とは異なるコンテンツの見せ方やコミュニケーションのやり方が求められる。そのための重要なポイント「マイクロコンテンツ」「ファーストコンタクト」「線のコミュニケーション」について解説する。

田中慶樹(株式会社エフ・コード) 2015/12/21 7:00 57 32 17

エントリーフォームで最も大事な要素である送信ボタンは、クリックしやすくするために、最適な大きさ、次のアクションを示す文言にして離脱を減らそう。

田中慶樹(株式会社エフ・コード) 2015/12/04 7:00 37 29 14

確認ページでの離脱を限りなくゼロにするには、ユーザーが送信完了したと勘違いさせない、送信をためらわせないための工夫が必要です。

羽山 祥樹(HCD-Net) 2015/12/02 7:00 346 49 25

リクルートライフスタイルでUXDを実践されている筒井さんに、チームの育成と組織として推進していく方法を聞いた。

シニア層をガッチリつかむECサイト構築術 「SFO」のススメ

シニアの認知能力でも快適にサイトを使えるようにする7つの“技”(全6回の3)

佐藤純(マミオン有限会社) 2015/12/01 7:00 163 41 13

Webサイトのシニア対策「SFO」の第3回は、認知能力が衰え始めたシニアがおかしがちなミスを考察し、それに対する具体策として、シニアが快適にサイトを閲覧できるようにする7大ポイントを紹介します。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2015/11/27 7:00 146 52 12

苦労して作ったコンテンツを、ユーザーは読んでくれているのか。その1PVは、意味のある数字なのか。スマートフォンやソーシャルメディアの普及によってユーザー行動は大きく変化し、これまでの常識が通用しなくなった。コンテンツやUXを考えるWeb担当者にとって重要な「マイクロモーメント」と呼ばれる、ユーザーの検索行動の変化に焦点を当て、その対応方法について解説する。

【レポート】カスタマーエクスペリエンスコンファレンス2015

あらゆるチャネルで一貫性のあるカスタマーエクスペリエンスを実現するための近道とは

柏木恵子 2015/11/26 7:00 53 17 2

一貫したカスタマーエクスペリエンスを実現するためには、Webサイトの制作プロセスの効率化・最適化が鍵となる。今回は、アドビならではのソリューションを紹介しよう。

カスタマーエクスペリエンス(CX)とは? 基礎から実践までやさしく解説

すべては顧客への「共感」から始まる~オラクルとロフトワークのカスタマージャーニーマップ活用術

阿部欽一(キットフック) 2015/11/19 11:00 63 30 12

顧客中心の商品やサービスをデザインするための手法として「カスタマージャーニーマップ」(CJM)が注目されている。しかし、苦労して作っても、活用しきれていないケースも多い。作っただけで終わりにせず、次のステップに進みにはどうすべきか。そんな悩みを解決するためのCJM活用ワークショップで明かされた、ロフトワークが実践するCJM作成と活用術を紹介

森田雄+深津貴之+深谷歩 2015/11/19 7:00 236 77 24

定額制音楽配信アプリが続々登場するなかで、チャレンジングなUIで勝負に出ているAWA。リリースから約6か月、現状とAWA目指す音楽体験を聞いた。

【レポート】カスタマーエクスペリエンスコンファレンス2015

カスタマーエクスペリエンスマネージメントを成功に導く戦略的な視点

柏木恵子 2015/11/13 7:00 66 28 3

カスタマーエクスペリエンス向上を目指すためには、「カスタマーエクスペリエンスマネージメント」が必須である。ブランドに対して高い支持を得て、アンバサダーになってもらうためには、購買行動のすべての段階で良い体験をしてもらわなければならない。そのための戦略立案と実践が、カスタマーエクスペリエンスマネージメントである。

佐藤純(マミオン有限会社) 2015/11/06 7:00 155 43 20

第2回は、シニアがネット利用で感じることの多い不安点を解説し、安心してもらうための具体的な方策として、「シニアの不安を取り去り、コンバージョンまで到達してもらうための6ポイント」を解説する。

田中慶樹(株式会社エフ・コード) 2015/11/02 7:00 26 31 6

フォームでの入力完了にこだわらずに、電話やチャットでの受け付け窓口が用意されているのであれば、それらの手段を適切に示し、全体のコンバージョンを増やそう。

ページ

このカテゴリの連載/特集コーナー
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]