AIによる顔印象分析で、自分に似合うアイシャドウが自販機で買える!? 「KATE iCON BOX」を体験してみた

AI技術によって自分に似合う色のアイシャドウパレットがカスタムして買える自動販売機型什器「KATE iCON BOX」。面白そうな購入体験ができそうなので編集部員が実際にやってみました!

カネボウ化粧品のブランド「KATE」は、AIによる顔の印象分析をもとに、一人ひとりに合わせた4色のアイシャドウを提案、自動販売機のように商品が出てくる什器「KATE iCON BOX」を開発。この自動販売機が原宿の「@cosme TOKYO」に2月8日まで設置されていると聞いて、早速編集部員が体験してみた。

今回AIにおススメされたのは、このアイシャドウ。

AIにおススメされた色と、自分でカスタムした色が入っている
自動販売機のような什器の前に立ち、5ステップ・たった3分の画面操作をするだけで、自分に似合うアイシャドウが出てくる。
こんな感じで、取り出し口に商品が出てくる

次世代のコスメ自販機「KATE iCON BOX」は何がすごい?

原宿駅 表参道口を出て目の前にある@cosme TOKYO。その一角に「KATE iCON BOX」は設置されている。黒地に赤いロゴの自動販売機は、KATEのコスメパッケージのイメージそのままだ。

AI技術を利用した自動販売機型什器「KATE iCON BOX」

この「KATE iCON BOX」、簡単に言うと「AIが顔を分析して自分に似合う4色のアイシャドウを提案してくれて、仕上がりイメージもわかって、カスタマイズもできてフィルムに名前も入れられる自販機」だ。

メイクをしない方は、「何がすごいの?」と思うかもしれない。たしかに、4色のアイシャドウパレットを好きに組める商品はある。しかし、好きに組める商品は捨て色(似合わない色、使いこなせない色)を作らないように、自分に似合うと知っている色や無難な色を選びがちだ。筆者だけかもしれないが(笑)。

プロのカウンセリングを受けたり、スタッフさんと相談したりしなくてもAI技術によって自分に似合う新しい色が見つかる、意外な組み合わせが見つかるのは、すごいことなのだ。

分析から購入まで5STEPで約3分

早速分析から購入までを体験してみた。

自動販売機の前、足マークの上に立って「START」の文字をタッチするとサービスが開始。マスクを外して自動販売機上部についているカメラを見て、顔を画面上の枠に近づける。明るさ・正面を向いているか・顔の位置のすべてに問題がなければスキャンが始まる。

自動販売機前の足のマーク
自動販売機上部のカメラを見ながら撮影。身長によっては少し位置の調節が必要

再度STEP1と同じように撮影を行う。ここまで終われば、マスクを着用してOK。少し待つと分析結果が表示される。分析結果にはおススメのアイシャドウ4色と、塗り方などが含まれる。さらに、実際にメイクしたときにどうなるかのシミュレーションが可能だ。

撮影後、分析結果とおススメのアイシャドウ4色が表示される

メイクをシミュレーションしてみて、色の組み合わせに違和感があれば好きな色に変更することもできる。

おススメされた色以外が良い場合はカスタマイズ可能

アイシャドウパレットにセットする保護フィルムに名入れするかどうか、または入れたい文字を入力する。これで自動販売機での操作は完了だ。

保護フィルムに印刷する名前を入力

「KATE iCON BOX」からは、アイシャドウ4色と、KATE オリジナルアイシャドウパレット、保護シートが出る。出てきたアイシャドウ4色をレジで購入すれば持ち帰れる。

印刷されたフィルムはこちら

商品が出てくるまでの待ち時間は、画面に表示されている二次元バーコードを読み取ると、分析結果とオリジナルパレットの画像をLINEやTwitterでシェアできる。おススメのアイシャドウの塗り方が書いてあるので、保存しておくと便利だ。

商品が出てくるまでは二次元バーコードが表示される
二次元バーコードからリンク先に飛ぶと、分析結果が表示され、SNSでシェアできる

体験した感想は「楽しい」

普段筆者が使っているアイシャドウは以下の写真のような色が多い。普段使い用の茶系の色や、差し色に使う赤系、金色などだ。そして自分で選ぶと、どうしてもイエローベースの肌に合う色を意識して買ってしまうので似たような色になってしまう……。

筆者が普段使っているアイシャドウはこちら

今回の体験は開店前にご協力いただいたのでその場で購入せず、AIでおススメされた色味に近いものを使用して体験後にKATEの松本さんがパレットにセットしてくれた。

セットしていただいたパレット

青系の色は似合わないと思っていたので、パレット左上の明るいブルー系の色(クールミント 055)は自分では買わない色だ。これはAI分析でもおススメされた色に入っていた。本当に似合うのかな? と思いつつ、分析結果のアドバイス通り暖色系の色をベースにして差し色として目尻に置くと、違和感なく普段とは雰囲気の違うアイメイクができて感動だ。イエベにもブルーのアイシャドウが使えたのか……!

AIでの顔印象分析により、自分に似合う色、メイクの提案が出てくるのは素直に楽しかった。プロによるパーソナルカラー診断やデパートでのメイクアップカウンセリングを受けた経験もあるが、「KATE iCON BOX」は短時間で分析できて、すぐにおススメされた商品が購入できる手軽さはAI×自動販売機ならではの体験だと思う。

短時間でサービスを受けられるので、だれかと一緒に体験しても違いを楽しめるだろう。

また、分析用の写真を周囲の人に見られるのは抵抗があるという方のために、自動販売機の画面は斜めや横から見られないようになっていたので、安心して楽しんでほしい。

ちなみにお値段はKATEの単色アイシャドウ「ザ アイカラー」715円(税込)4個分のお値段で、2860円(税込)だ。似合う色をAIが選んでくれるという体験とパレット、アイシャドウ代と考えると非常にお得感があるので、ぜひ試してみて欲しい。

※価格は編集部調べ

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]