マイクロモーメント時代のUX コーナーの記事一覧

マイクロモーメント時代のユーザー行動がどのように変化しているかを捉えつつ、それに適したしたUX(ユーザー体験)のあり方を提案する。
icon このコーナーについて

スマートフォンやソーシャルメディアの普及によって、ユーザーの行動が劇的に変化している。たとえば、電車を待っているほんの2、3分の間に、欲しい商品に関する情報を集めることができる。このような「人々が何かを欲した瞬間に行う、モバイルデバイスでの検索行動」は「マイクロモーメント」と呼ばれている。

本連載では、マイクロモーメント時代のユーザー行動がどのように変化しているかをとらえつつ、それに適したUX(ユーザー体験)のあり方を提案する。

こんな方におススメ

  • 企業のマーケター、デジタル・マーケティング担当者、Web担当者(初心者含む)
  • モバイルシフトによる直帰率上昇・滞在時間低下の課題を認識しているが、具体的な改善点・改善方法がわからないWeb担当者
  • モバイル最適化を、単に「小さい画面にどうUIを最適化するか」と局所的にとらえているWeb担当者

(全 4 記事)

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2016/06/16 7:00 (35)

父の日(6/19)が近づき、そのプレゼント市場が当然のように動き出す。「クラフトビール」のキャンペーンを例に、マイクロモーメントの実践で重要な「マイクロコンテンツ」「ファーストコンタクト」「線のコミュニケーション」をストーリー仕立てで具体的に解説する。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2016/01/25 12:00 (51)(36)

マイクロモーメント時代のUXはどのように実現すればよいのか。ナイキジャパン、スターバックス、ゴルフダイジェスト・オンラインの事例からそのヒントを探る。今後、コミュニケーションの接点はあらゆるデバイスに展開され、マイクロモーメント化はますます加速する。まずは自ら取り組んでみることが重要だ。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2015/12/25 7:00 (124)(44)

スマートフォンによってもたらされた最大のユーザー体験は、「何かしたい」と思った瞬間に、手元にあるデバイスで情報収集や購買を行えることだ。その瞬間である「マイクロモーメント」をとらえるには、従来とは異なるコンテンツの見せ方やコミュニケーションのやり方が求められる。そのための重要なポイント「マイクロコンテンツ」「ファーストコンタクト」「線のコミュニケーション」について解説する。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2015/11/27 7:00 (146)(52)

苦労して作ったコンテンツを、ユーザーは読んでくれているのか。その1PVは、意味のある数字なのか。スマートフォンやソーシャルメディアの普及によってユーザー行動は大きく変化し、これまでの常識が通用しなくなった。コンテンツやUXを考えるWeb担当者にとって重要な「マイクロモーメント」と呼ばれる、ユーザーの検索行動の変化に焦点を当て、その対応方法について解説する。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AR
ARとは、「拡張現実感(Augumented Reality)」の略で、実際の景 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]