「マーケティング/広告」カテゴリの記事 -解説記事

21ページ目の記事を表示しています。

内容カテゴリ「マーケティング/広告」すべての種別カテゴリ編集記事を表示しています(全1150記事)。

「マーケティング/広告」カテゴリの記事 -解説記事

ページ

土屋 綾子(企画編集部) 2008/02/04 12:10

ネットマーケティングを手がける豪BlueFreeway(ブルーフリーウェイ)が2007年11月、日本法人を設立、同月28日にはマーケティング責任者向けのSNS「blu.」の正式版を開始し、マーケティング担当者の情報交換と企業のオンラインマーケティング施策のグローバル展開をサポートする事業を開始した。

そこで編集部では、ブルーフリーウェイのCEO、Richard Webb(リチャード・ウェブ)氏と、日本法人社長の増田勇氏にインタビューを行った。

CMO向けのSNSと統合キャンペーン管理ダッシュボードとは、そして設立わずかで上場し、25社を買収して全世界にサービスを提供するブルーフリーウェイの戦略とは?

Webマーケティングガイド 2008/02/01 13:00 (26)

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、携帯電話のキャリア別に、モバイルインターネット利用の違いについて調査を行った。

その結果、ドコモユーザーは、他キャリアの携帯電話利用者と比べて、モバイルインターネット利用時間、モバイル広告クリック率、懸賞・キャンペーンの応募が多く、ショッピングでも利用率、利用回数、利用金額が高い傾向にあることがわかった。

また、携帯電話ショッピングの購入商品のジャンルには、キャリア間での大きな違いは見られなかったが、ソフトバンク利用者が他のキャリアの利用者と比べ、「書籍・雑誌」の購入経験がやや多かった。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

Webサイトのコンテンツをどのように広げるか――情報発信の方法を工夫する手法

紺野 俊介+渡辺 隆広(アイレップ) 2008/02/01 10:00 (25)

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

ソーシャルメディアでの好循環を発生させるために、企業はどのようなことができるのでしょうか。

まずは、情報の発信方法を工夫することです。話題としておもしろいネタを提供するというのは、コンテンツ企画分野の専門家に任せるとして、技術的に対策をしておけることも何点かあります。

この記事では、広報/PR的な側面も含めて、そういった対策をいくつか紹介します。

神原 弥奈子(株式会社ニューズ... 2008/01/31 9:00

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

広告効果測定ツールとして有名な「アドエビス」を提供しているロックオン。2006年9月には、ECパッケージ「EC CUBE」をオープンソース提供するなど、新しいスタイルでオープンソースの事業化にも挑戦中です。

マーケティングのプロ向けのサービスとネットの住人であるプログラマやエンジニア向けのサービス。大きくターゲットの異なるこの2つの商品別のマーケティングについて、ロックオン代表取締役の岩田進さんと、EC CUBEのマーケティング担当の中田さんにお話を伺いました。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

女性は動画の「投稿」「共有」に積極的/動画共有サイトに関する調査

Webマーケティングガイド 2008/01/29 10:00

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同調査のもと、動画共有サイトに関する調査を行った。

動画共有サイトに関する調査(2007年11月)では、インターネットユーザーにおける動画共有サイトの実態調査を行ったが、今回は動画共有サイトの利用実態を男女別に分析し、属性ごとの違いや傾向をまとめた。

その結果、動画共有サイトの利用経験や頻度に関しては、男性が91.6%で、女性を上回っており、男性ユーザーの64.6%が動画共有サイトを週に1日以上利用するコアユーザーであることがわかった。それに対して、動画の投稿や情報共有といった“情報発信力”においては女性の方が強い傾向にあるということがわかった。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

SEOのリンク対策としてのSMO

紺野 俊介+渡辺 隆広(アイレップ) 2008/01/29 8:00

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

ここで、SEOとSMOの関連性について整理してみましょう。SMOを実施することでリンクが増え、SEOの効果が高まるとは、どういうことなのでしょうか。

たとえば、何かおもしろいコンテンツを公開して、これをソーシャルブックマークに多くの人が登録をし、人気エントリー、注目のエントリーとして紹介されたとします。

これでもある程度のSEO効果は見込めますが、さらにこのエントリーを見たユーザーが自分のブログで取り上げ、この話題について感想を述べたとしましょう。その感想や考察がおもしろければ、それがまたソーシャルブックマークに登録され、そのソーシャルブックマークを見たユーザーが、オリジナルの記事にリンクを張る……というような仕組みで大量のリンクが生まれることになるのです。このような好循環が生まれれば、SEO効果はどんどん増幅していくことになります。

Moz(旧SEOmoz) 2008/01/28 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

INTERVIEW:ストニー・ドゥジェイテ氏(下編)

上編、中編に続いてドゥジェイテ氏インタビューの最後となるこの記事では、SEOmozによるインタビューのきっかけともなった、氏がSEOmozに仕掛けて大成功したバイラルキャンペーンの裏側を語ってもらった。

おもしろい動画を使ったわけでもない、大規模なキャンペーンを行ったわけでもない、しかし、ポール・ポジション・マーケティング社のブランド認知を大幅に引き上げたバイラルキャンペーンの中身とは……。

Webマーケティングガイド 2008/01/25 19:31 (22)

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同調査のもと、デジタルインセンティブに関する調査を行った。

『インターネット白書2007』によれば、インターネット利用者数は8226.6万人、世帯内の誰かがインターネットを利用している「世帯浸透率」は83.3%で、携帯電話の契約数も全体で1億52万4700件となっており、ユーザーのインターネットへのアクセスが簡単にできる環境になっている。

また、その利用者の増加と共に、スクリーンセーバーや壁紙を使った、オリジナリティのあるPCや携帯電話が求められるようになっていたり、電子ブックや着メロなどを取り入れるユーザーが多くなっている。そんなデジタルコンテンツの利用状況を把握するため、今回はデジタルインセンティブに関する調査を行った。

Moz(旧SEOmoz) 2008/01/25 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

INTERVIEW:ストニー・ドゥジェイテ氏(中編)

ドゥジェイテ氏インタビューの第2弾では、有料リンク問題、サイト単位で力が強くなりすぎているSEOの問題、そして、SEOで陥りがちな失敗パターンについて触れている。

ドゥジェイテ氏は、ネバダ州リノに住むSEOとインターネットマーケティングの専門家で、ポール・ポジション・マーケティングという検索マーケティング会社を運営している。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

企業にとってのソーシャルメディアの本質を知る

紺野 俊介+渡辺 隆広(アイレップ) 2008/01/24 10:00

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

ソーシャルメディアに対する企業体制のあり方について考えてみましょう。企業がSMO対策を行う場合、具体的には2つの手法が挙げられます。

その2つとは、「ブックマークされる、ブログやSNSで話題になりやすいコンテンツを提供すること」「ソーシャルメディアや他者のサイトでコンテンツを利用されやすくするために技術的なアプローチをとること」です。

今、企業にとってなぜこのような対策が必要なのでしょうか。

Moz(旧SEOmoz) 2008/01/24 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

INTERVIEW:ストニー・ドゥジェイテ氏(上編)

ドゥジェイテ氏は、ネバダ州リノに住むSEOとインターネットマーケティングの専門家で、ポール・ポジション・マーケティングという検索マーケティング会社を運営している。

この記事では、ドゥジェイテ氏インタビューの第1弾として、ポール・ポジション・マーケティング社に関してと、SEO業界について聞いた。

[コラム]橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会

橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会 #009 ~「診断系」のツボ

橋本 大也 2008/01/23 10:00

橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会

今回のキーワードは診断系

2008年の初笑いサイトは「ヒゲチェン」だった。極めてよくできている。ハイテクを使って人を笑わせるというのは、とても難しいことなのだけれど、このサービスは見事に成功している。大笑いしてしまった。

診断系」というのが、今年もいけると思うのである。診断系というのは私の勝手な呼び方だが、2006年に流行した「成分解析」、2007年に流行した「脳内メーカー」のように、自分に関するデータをほんの少し入れると、個別の診断結果が返ってくるようなサービスである。

人気サイトの共通点を分析してみると見えてくる「診断系4つのツボ」と併せて、今年の診断系の勢いを診断してみよう。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

検索エンジンやウェブのデータを使って競合ブランド分析する方法

Moz(旧SEOmoz) 2008/01/21 9:00 (34)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

検索マーケティング業界のメディアは、古参新参が入り交じって熾烈な競争をしている。老舗のSearch Engine Watch、そこから分岐して立ち上げられたSearch Engine Land、少しスタイルは違うが昔から続いているWebMasterWorldなど。

各社がウェブでメディアやフォーラムをもっていて、大規模なイベントも開催している。

この記事では、業界のいろいろなブランドについて、こういったSEM業界のメディアの分析を通して、数ある検索エンジンから得られる情報を利用して考察する方法について、解説してみたい。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

進化する SMO ―― ソーシャルメディア最適化18のルール by 住 太陽氏

紺野 俊介+渡辺 隆広(アイレップ) 2008/01/21 8:00 (98)

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

住太陽氏のブログに掲載された「『SMOの16のルール』ソーシャルメディア最適化の最新事情まとめ」に掲載されている項目が2つ増え、全部で18のルールが掲載されています。

今後もこの内容に変更が加えられる可能性もあり、また読者対象が個人も含めたSMO全般に関する内容ですが、企業がソーシャルメディアに対してどのように取り組むべきか、ぜひ参考にしてください。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

SMOを実施すればネガティブ情報は必ず出る - 住太陽氏との対談「SMOの今後」(後編)

紺野 俊介+渡辺 隆広(アイレップ) 2008/01/16 8:00

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

この記事では、前回に引き続き、本書の執筆陣である株式会社アイレップ紺野俊介、渡辺隆広と、SEOの第一人者として活躍され、ブログでSMOのルールをまとめられている住太陽氏の3者で、企業のマーケター、広報担当者がどのようにソーシャルメディアに対応していくべきが、対談形式で、考察していきます。

今回のテーマは、「ソーシャルメディア上に掲載されたネガティブ情報」「モニタリングビジネス」「検索結果の2ページ目以降」「ネガティブ情報への対応で失敗しがちなこと」「SMOに不可欠なリスク管理体制の構築」など。前編を見逃した人は、ぜひ前編と併せてお読みください。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

タイトルの巧拙でページビューに何倍もの差がつく - 住太陽氏との対談「SMOの今後」(前編)

紺野 俊介+渡辺 隆広(アイレップ) 2008/01/11 9:00 (78)

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

この記事では、SEOの第一人者として活躍され、ブログでSMOのルールをまとめられている住太陽氏を迎え、本書の執筆陣、株式会社アイレップ紺野俊介、渡辺隆広の3者で、企業のマーケター、広報担当者がどのようにソーシャルメディアに対応していくべきが、対談形式で、考察していきます。

テーマは「企業の広報担当者がソーシャルメディアをどのように活用すればよいか」「ソーシャルメディアを意識したニュースリリースのタイトルの付け方」「ニュースリリースページにソーシャルブックマークボタンやRSSフィードのボタンを付けるべきか」「SMOの効果検証」など。

Web担編集部 2008/01/08 20:15 (28)

長らく「公式サイト」を中心とした閉鎖的な姿のまま進化してきた日本の携帯サイト事情だが、すでにその流れには大きな転機が訪れている。

携帯電話の普及が一段落したことで、パイの拡大を基本とした戦略は通じなくなり、MNPが課金モデルの収益を少しずつ揺らがせ、モバイル検索の浸透によって「安泰な」場所が失われつつあるのだ。

この記事では、2008年に成功できるモバイル(検索)マーケティングの戦略を見いだすために、こういった2007年までの携帯サイトに関する流れをおさらいする。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

「インターネットショッピング2007調査報告書」ハイライト

Web担編集部 2007/12/28 9:00 (37)

年11.6回の利用で合計10万6,174円
「価格」「品揃え」で選んで「信頼」「デザイン」に満足感

総務省の調査によれば、ネット利用人口は2006年末で8754万人となり、インターネットを使ったショッピング(消費者向け電子商取引)、いわゆる「ネットショッピング」の利用者は全体の92%にあたる8055万人となっている。成長スピードは若干緩やかになりつつも、まだまだ堅調にネットショッピングは成長を続けている。子供と高齢者の新規利用も目立ってきた。

本記事では2007年8月に公表された「インターネットショッピング2007調査報告書」(株式会社富士通総研)の一部を紹介しつつ、インターネットショッピングの実態について考察する。

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『大衆化するIT消費』

神野恵美(Web担 編集部) 2007/12/28 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊

『大衆化するIT消費』

IT化が日本人の消費スタイルで本当に変えたものとは?
1万人のアンケートをもとに分析した消費社会の“いま”

ブロードバンドの普及によって新たに大衆層に生まれた、ITを活用した消費スタイルを“IT消費”と名付け、野村総合研究所が1万人を対象に行ったアンケート調査の結果分析のレポートを書籍化した一冊。“ロングテール”をはじめとする10種類に分類・整理した消費スタイルの紹介にはじまり、IT消費が大衆化した理由や、マーケティングのアプローチ方法が指南される。

しかし、個人的に本書で興味深かったのは、むしろ“ITに左右されない”部分の日本人の消費スタイルに対する考察だ。本書では、日本人固有の消費価値観を“寄らば大樹”“流行追求”“こだわり消費”の3つに大別しており、これらすべてに共通しているのが、日本人の“周りを見る”意識の強さだと指摘している。

中村 順子(株式会社 大伸社) 2007/12/26 9:00 (96)
p>企画書を光らせる 珠玉のキーワード

ネット業界で毎日のように登場する新語には、重要なトレンドを生み出すものや、単なるから騒ぎで消えていくものがある。ここでは、Web担当者ならぜひとも覚えておきたい注目のキーワードを紹介する。

今回は、「ペルソナデザイン」。

ユーザー志向のデザインや開発というのは、口で言うほど簡単ではない。ユーザーのためと言いながら、つい「自分志向」で考えがちだし、組織内のスタッフはそれぞれ少しずつ違うユーザー像を持っている。

こういった問題を解決するのが「ペルソナ」。少しずつウェブの世界にも浸透してきているペルソナは、あなたのサイトを「ユーザー志向」にする最強の味方かもしれない。

かわち れい子(CreatorsNet) 2007/12/21 9:00

かわちれい子のウェブマスターのお仕事
大塚商会ウェブマスター 地主 隆宏氏

大塚商会のビジネスは、オフィスサプライから情報システム構築まで特定のメーカーにとらわれずにオフィスの課題を解決するという、他に類を見ないモデルだ。そのため、ウェブサイトでも多岐にわたる事業内容を扱う必要があり、規模も大きくなる。

2007年1月に大々的にリニューアルした大塚商会のウェブサイトだが、そのリニューアルはどういったものだったのだろうか。

また、そのリニューアルを成功させた大塚商会のWeb担当者は、社長直轄のチームに所属している。ウェブサイトを成功させる組織形態として最近増えてきた形だが、そういった組織に至った経緯なども伺った。

Web担編集部 2007/12/20 17:00 (21)

携帯電話の3G化およびパケット定額制加入とともに、一般サイトの利用も増加し、企業のモバイルウェブサイトの活用も高まっている。

12月5日に発売された『ケータイ白書2008』の第3部「ビジネス動向」内、「実態調査にみる企業のモバイルウェブサイト利用動向」では、企業のモバイルウェブサイトの活用状況やプロモーション状況についての実態調査を行った。

その結果、モバイルウェブサイトの開設場所は一般サイト/勝手サイトが半数弱となっている。また、次年度予算はやや増加傾向にあることがわかった。

本記事ではその調査結果の一部を紹介し、モバイルウェブサイトの利用動向を分析した。

長谷川 恭久 2007/12/17 9:00

CGM海原と共に

毎回始まる時期が早まっている米国大統領選挙。最近になって注目を集めているのはテキサス出身の議員ロン・ポール氏。彼は特にインターネットでは高い支持を得ており、彼がこの四半期で集めた寄付金500万ドルのうち多くは、インターネットを通じてのものだといわれています。

今や今選挙の有力候補の1人になりつつある彼は、オンラインのさまざまなネットワークやイベント向けのサービスで独自のグループを立ち上げています。

彼の支持率を高めている理由の1つとして、ネットを「単に露出のための1つの窓口」として使うのではなく、投票者との対話を行うために使っているという点があるのではないでしょうか?

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

僕がマーケティング会社に就職した理由

Moz(旧SEOmoz) 2007/12/14 10:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

僕がマーケティング会社に就職してからちょうど半年。自営のSEO業者からマーケティング会社のSEO部門への転職についての考えを披露してみよう。

実際のところ、検索業界には、まったく畑違いの分野から参入してきた個人事業者が尋常じゃなく多いんだ。一般企業に勤めている人にとっても、関係ない業界にいるけど飛躍したくて仕方ない人にとっても、僕の経験は興味深いものかもしれない。

このチャンスというものについて考えてみたい。それも、よくある「転職理由のトップ10」などではなく、自分自身の体験を基にしてだ。あなただったら、どういう理由で転職を決めるだろうか?

Webマーケティングガイド 2007/12/13 13:00 (23)

Webマーケティングガイドでは、インターネット動画中に流れるCMに関する調査を企画し、株式会社エルゴ・ブレインズが運営するターゲットリサーチの会員に対してインターネット調査を行った。

その結果、65.5%のユーザーが、興味を持って動画CM中に掲載されているバナー広告をクリックしており、クリックの理由に関しては、タレント出演や広告のデザインなどといった広告の見た目のことよりも、商品・サービス自体に魅力を感じたからと答えたユーザーが多かった。

また、動画CMをきっかけにして商品を購入したことがあるユーザーは15.8%だったが、今後、動画CMをきっかけに商品の購入に影響があると回答したユーザーは53.0%に及んだ。

[コラム]橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会

橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会 #008 ~2008年はiPhone/Touchに最適化だ!?

橋本 大也 2007/12/11 9:00

橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会

今回のキーワードはiPhone/Touchに最適化

最近、気になっているのが「iPhone/Touch対応」というキーワードである。

Apple iPod Touchや米国で人気のiPhoneの液晶で見るのに最適化されたサービスやソフトウェアのことである。iPhone発売から74日で販売台数100万台を達成した米国では、人気サイトが次々に対応を表明している。

日本でもiPod Touchは火がつき始めた。そう遠くない日に日本でもiPhoneが上陸するだろう。「iPhone/Touch対応」はアクセス向上のために、そろそろWeb担当者が意識しておくべきキーワードだと思う。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

ネットショップの「クチコミ発生方程式」でお客様が宣伝者に

楽天大学+三木谷浩史 2007/12/07 8:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
感動コミュニケーションを設計する――究極の対面販売の秘訣4

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「クチコミ発生の方程式」です。

「密なコミュニケーションでクチコミしてくれるファンを増やすこと」が重要ということで、ここでは「クチコミ」について考えてみたいと思います。

お客様にクチコミでお店を宣伝してもらうためのヒントがあります。クチコミが発生するのに必要なのは、「話す人」と「話すネタ」と「反応よく聞いてくれる人」ということです。つまり、クチコミ発生の方程式とは……。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

商品購入金額が高いのはモバイル利用者/オンラインショッピングに関する調査

Webマーケティングガイド 2007/12/06 21:13 (31)

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同調査のもと、オンラインショッピングに関する調査を行った。

その結果、オンラインショッピングで商品に興味を持つきっかけと購入場所は共にネットが主流であり、1回あたりの購入金額で見ると、モバイルのほうが商品購入金額が高いことがわかった。さらに男女別での利用状況を見てみると、商品購入の決め手が、女性はイメージ重視、男性は機能/性能等のスペック重視であることがわかった。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

ネットショップでは、お店の魅力は「コミュニケーション量の二乗」

楽天大学+三木谷浩史 2007/12/04 8:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
感動コミュニケーションを設計する――究極の対面販売の秘訣3

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「お店の魅力とコミュニケーション量」です。

魅力あるお店、お客様から好かれるお店にするための考え方の指針として、「よいサービスを提供すること」という視点で考えてきました。もう1つ、魅力の基準になるものがあります。お客様との「コミュニケーション量」です。

そこで次は、「コミュニケーション量を増大させること」にスポットを当てていくことにしましょう。

ズバリ、楽天大学では、「お店の魅力 = コミュニケーション量の二乗」と表現しています。

Webマーケティングガイド 2007/11/30 13:00 (32)

Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアリサーチと共同調査のもと、クロスメディアにおけるモバイル利用についてについて実態調査を行った。

その結果、テレビ、パソコンのウェブサイト、雑誌を見てモバイルで情報探索したことがあるユーザーは約70%で、モバイルで探したコンテンツのジャンルで最も多かったのは、着メロ・着うた・着うたフルとなった。

また、QRコードを利用した際のメディアは、雑誌が他のメディアと40ポイント以上の差で、断トツの利用率の高さを見せた。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

掲示板やブログ対応の良否でネットショップの店長は品定めされている

楽天大学+三木谷浩史 2007/11/29 8:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
感動コミュニケーションを設計する――究極の対面販売の秘訣2

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「掲示板やブログの対応」です。

初めてのお店で欲しいものが見つかった場合、多くのお客様が「お店の評価」をするために見に行くのが掲示板のページです(伝言板、フォーラム、BBSなどとも呼ばれます)。

ここにほかのお客様の書き込み、つまり人気(ひとけ)があればそれだけで安心できます。また、第三者の書き込みに対して店長さんがどのように対応しているのかを見ることができます。それによって店長さんのやる気やキャラクターがわかり、信用できるお店かどうかの判断ができます。さらに、掲示板が盛り上がっていれば、「おもしろいことがありそう」というワクワク感にもつながっていきます。

お客様の書き込みは、プラスであれマイナスであれ、掲示板を見に来たすべての人への強力なクチコミになります。だからこそ、掲示板でのクレーム対応は迅速かつ適切に行なわなければなりません。

うまく対応してお客様に「安心」と「楽しさ」を伝えることが大切なのは、掲示板だけでなく、「店長ブログ」などでも基本的に一緒です。

Web担編集部 2007/11/26 18:31

リスティング広告や検索キーワードが自社サイトでの購買や申し込みにどう結び付くかを正しく測定することは、従来のアクセス解析ツールには難しかった。アクティブコアのマーケティングサポートツールad insightとac cruiserは、行動ターゲティング技術を利用して、広告の正確な投資効果測定と、サイトの効果的な導線設計を実現できる。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

ユーザーはテレビCMも見ている/動画共有サイトに関する調査

Webマーケティングガイド 2007/11/26 13:00

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同調査のもと、動画共有サイトに関する調査を行った。

その結果、90%以上のユーザーがYouTubeを利用しており、また、動画共有サイトの利用期間が長ければ長いほど利用頻度が高くなる傾向があることがわかった。

また、視聴ジャンルで最も多いのは「日本のテレビ番組」が最も多く60.8%だが、意外に「日本のテレビCM」も多く見られており、18.6%が企業のテレビCMを動画共有サイトで見ていることがわかった。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

「期待値を上回るサービス」が感動を呼ぶネットショップのコミュニケーション

楽天大学+三木谷浩史 2007/11/26 8:00 (21)

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
感動コミュニケーションを設計する――究極の対面販売の秘訣1

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「期待値を上回るサービス」です。

魅力あるお店、お客様から好かれるお店を作りたいとショップ運営者の誰もが思っています。では、魅力を感じてもらい、好かれるために、お店はお客様に対して何をすればよいのでしょうか。そのためには「よいサービス」を提供すればよいわけですが、「よいサービス」とは何なのかを考えてみましょう。

実は、「思いがけず」というのがよいサービスか悪いサービスかを分ける基準になるのです。言い換えると、「お客様の期待値を上回るのがよいサービス、下回るのが悪いサービス」ということです。自分が「よいサービス」だと思った経験を思い出してみてください。それは、自分の「期待」をよい意味で裏切られた経験のはずです。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

オークションや共同購入への出品を単なる安売りで終わらせないために

楽天大学+三木谷浩史 2007/11/21 8:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
エンターテイメント型販売で活性化する――人を呼び込むオークション・共同購入の秘訣3

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「オークションからお店全体にメリットをもたらす方法」です。

オークションや共同購入に出品した商品は、確かに売れ行きが好調です。ただ、お店からすれば、オークションや共同購入で販売した商品は通常販売よりも価格を引き下げて売るケースも多くなります。そこで、オークション・共同購入を「単なる安売り」で終わらせず、お店全体にメリットをもたらすところまで展開させるためのアイデアが重要になります。お店としては何を目的にオークションや共同購入を開催するべきか考えてみましょう。

Webマーケティングガイド 2007/11/20 12:00 (133)

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同調査のもと、検索サービスの利用実態に関する調査「第6回検索サービス利用調査」を行った。

その結果、普段利用している検索サービスはYahoo! JAPANであるとの回答が最も多く、Googleがそれに続いた。

また、職業別/職種別/業種別で見てみると、Googleの利用者はYahoo! JAPAN利用者に比べ、専門職や経営者・役員などの割合が高い傾向にあり、Yahoo! JAPANではGoogle利用者に比べ主婦や技術系以外の事務職、販売職などの割合が高い傾向にあることがわかった。

Moz(旧SEOmoz) 2007/11/19 10:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

シアトルを拠点とするWeb 2.0的なイカしたwikiのサービスを提供しているウェットペイントのやり方は、いつも一味違う。まず、そのwikiサービス。非常に使いやすいインターフェイスで初心者でもかんたんにサイトを作れるし、独自ドメイン名で運営することもできる。

でも今回取りあげるのは、ウェットペイントがYouTubeで公開している動画によるバイラルキャンペーン。まるでテレビ用コマーシャルのように、専門のスタジオとプロのチームを使っている。しかも、テレビなどで使うためではなく、オンライン閲覧用のためだけに作られている。

オンラインでは、テレビCMにもまして競争力や差異化が必要だ。あなたが最後にどこかのウェブサイトで広告をクリックしたのがいつか思い出せるだろうか? 人々はつまらない広告を無視することに慣れてしまっているのだ。

吉村 正春 2007/11/19 8:00 (24)

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社
株式会社コンテンツ

コンテンツは、同社が手がけた採用サイトで「2007日本BtoB広告賞」に入賞し、かつキャンペーンサイトでも「東京インタラクティブ・アド・アワード」に入賞するなどの実績を持つ。採用サイトとキャンペーンサイトという性質の違うサイトでそれぞれ受賞歴を持つ制作会社はほとんど例を見ないが、どのようなサイトを制作するにしろ、確固たるポリシーが存在するのだろう。そのポリシーを支える仕事の進め方や考え方は気になるところだ。

同社の制作事業は、作るサイトの性質によって2つのチームに分かれている。「インタラクティブプロモーションBU」では、広告・キャンペーン、プロモーションといった表現力重視のサイトを手がけ、「ウェブインテグレーションBU」では、コーポレートサイト・IRサイトのような、ユーザビリティやアクセシビリティなどをきっちり押さえた、いわばウェブサイトの王道ともいうべきサイトを手がける。2つのチームが同社の社内でどのように動いているのだろうか。そして、各種の賞を受賞した背景にある同社のポリシーとは。

楽天大学+三木谷浩史 2007/11/16 8:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
お客様との心の距離を近づける――ファンを増やすメールの秘訣10

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「お客様に送るメールの初歩」です。

トップページの章で、「スクロールしない画面で何のお店かわかること」が重要であり、そのためにページの冒頭部分である看板や店舗紹介文に工夫をするという話をしましたが、これはメールにもあてはまります。

お客様がお店から受け取るプロモーションのメールの数は、増加傾向にあります。多くなればなるほど、お客様はメールをぱっと見て「興味のあることが書いてありそうかどうか」を判断し、読むか読まないかを決めるケースも増えていくでしょう。基本的に「お客様は忙しいからじっくりメールに目を通す暇はない」という前提で、どうしたら読んでもらえるかを工夫すればよいメールが書けます。

なお、そもそも「このお店からのメールはつまらない」と思われてしまうと、目次さえ見てもらえないということになりますから、「お店から最初に受け取るメールマガジン」の印象は極めて重要です。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

ネットショップの達人は、ページに2割、メールに8割を割く

楽天大学+三木谷浩史 2007/11/13 8:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
お客様との心の距離を近づける――ファンを増やすメールの秘訣1

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「メールの重要性」です。

開店したばかりの店長さんの多くがまず関心を向けるのは、ページです。試行錯誤して毎日ページを更新しますが、一向にお客様が来てくれない。まだページのどこかが悪いに違いない、とまた更新……。

こうして悪循環にはまるのは、ページは「接客の場」であり、「集客してくれるわけではない」ということに気づいていないからです。このことに気づいている店長さんは、メールに力を入れています。

Moz(旧SEOmoz) 2007/11/09 10:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

再びSMX Social Mediaの会場からセッションの模様をレポート。今度のセッションは、「マーケティング担当者のためのソーシャルブックマーキングおよびタギングガイド」。

Web 2.0的なソーシャルメディアの代表機能ともいえる「タグ」は、各ユーザーがそれぞれのコンテンツをそれぞれの視点で意味づけしたもので、非常に有用だ。そして、その有用性から、さまざまに利用されているタグは、マーケティングの視点からみても非常に魅力的。

もちろん各ソーシャルサイトの規約に反したり「場」を乱すようなことはするべきではないが、うまく工夫すれば役に立つことは間違いない。

Moz(旧SEOmoz) 2007/11/08 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

イベント盛りの秋、期待のイベント「SMX Social Media New York」のセッション「号外! 号外! ソーシャルニュースサイト」の内容を紹介しよう。

このセッションで話された内容は、主に米国で最も有力なソーシャルニュースサイト「Digg」に関するものが多いが、日本で有力な「はてなブックマーク」や「newsing」といったソーシャルサービスでも役に立つ情報が含まれているので参考にしてほしい。

その内容とは、「ソーシャルニュースをうまく利用する意義」「どうすればDiggでフロントページ(ホットエントリ)に載ることができるか、その作戦やコツ」だ。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

商品ページのキャッチコピーは「刺激・理由・限定」をスパイスにグッとくるものを

楽天大学+三木谷浩史 2007/11/08 8:00 (28)

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
接客力の高い売り場を作る――買いたくなる商品ページの秘訣10

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「商品ページのキャッチコピー」です。

「グッ」とくるキャッチコピーを作るには、まず、特性を効果的にアピールする手法の概要を押さえておきます。まずは商品ページを訪れたお客様の「心理」を推察しましょう。インターネットショップを訪れるお客様が商品を購入する動機には、「必要度」と「欲求度」という2つの視点があります。

そして、欲求度を高める仕掛けの中でもっとも基本的なのが、商品のウリをグッとくるフレーズでアピールすることです。購入決定の背中を押すスパイスとなる3要素も紹介します。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

「とんがり」にするポイントを見極めて商品ページを作る

楽天大学+三木谷浩史 2007/11/06 8:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
接客力の高い売り場を作る――買いたくなる商品ページの秘訣9

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「商品ページで押し出す“とんがり”」です。

「一番商品」をピックアップしたら、次の作業は「一番商品」の特性、すなわち「とんがり」を明確にすることです。

まず、その商品の「商品特性」を3つほど挙げます。商品特性を選ぶ方法は、前章のトップページのところでお店の強みを考えたときと基本的に一緒です。商品特性としては、「価格」「品質」「専門性」「品揃え」「機能性」「希少性」のようなものから「ギフトラッピング」といった付加的なものまで、さまざまな要素があります。その中からピックアップした一番商品を買おうとするお客様が重要視する特性を選びます。

たとえば、商品がチーズケーキであれば、デパートやコンビニ、ほかの実店舗でも販売されています。ネット上のお店も競合相手です。これらの競合商品と比較して、どこに大きな特徴があり、どこに優位性があるのかを比較検討、評価するわけです。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

グッとくるネットショップの商品ページにはこの情報が盛り込まれている

楽天大学+三木谷浩史 2007/11/01 10:00 (28)

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
接客力の高い売り場を作る――買いたくなる商品ページの秘訣2

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「商品ページに掲載する情報」です。

実際に商品ページを魅力あるものにするには、どのような要素を盛り込めばよいのでしょうか。

あるジャケット(上着)の商品ページを作成する場合なら、まず、商品名、ブランド名、値段、サイズ、色、素材、商品の特長、商品画像(正面)、製造地、注文ボタン、問い合わせボタンなどが考えられるでしょう。

これらは、商品カタログとして掲載すべき基本的な情報といえるのですが、こういった情報だけを掲載した商品ページは、実は「買えない」ページなのです。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

SNS利用度に変化なし、利用しなくなった原因は「mixi疲れ」?/SNSに関する調査

Webマーケティングガイド 2007/10/30 13:30

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同調査のもと、mixiやGreeなどPCで利用可能なSNS(ソーシャルネットワークサービス)に関する利用実態調査を行い、2007年1月に実施した「第2回SNSに関する調査」との比較を行った。

調査結果によると、利用するSNSサービスはmixiが最も多く、約45%弱のユーザーがほぼ毎日SNSを利用していることがわかった。また、SNSを利用しなくなったユーザーにその理由を聞いたところ、過半数が「時間がないから」とあげた。

Moz(旧SEOmoz) 2007/10/30 8:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

この記事は、SEOmozでやったランディングページコンテストの優勝者Paul Robb氏が書いてくれたものだ。前回の記事は長くて冗長で、お世辞にも良い文章だとはいえなかったため、読むのを途中であきらめた人も多いかもしれない。

でも、今回の記事は、多少冗長なことは認めるが、コンテンツとしては非常に優秀だ。検索エンジン業界のみならず、マーケティング全般に携わっている人みんなの役に立つ、コピーライティング(売り文句)の考え方だ。

100年前から世に言われている購買者の心理やセオリーをうまく取り込んだやり方のヒントを、ぜひ読んで感じてほしい。

神原 弥奈子(株式会社ニューズ... 2007/10/29 12:36

PR 2.0の現場から

広報とマーケティングの境目があいまいになりつつある「今」の現場を訪ねるこの連載、今回伺ったのは、国産アクセス解析ソフト「Visionalist」で有名な株式会社デジタルフォレスト。アクセス解析ソフト「Visionalist(ビジョナリスト)」の開発だけでなく、ウェブコンサルティングや「WebマーケティングROI Day」というイベントを通じて、企業のウェブマーケティングを幅広く支援している会社です。

今回は、ウェブマーケティング、特に「ROI(費用対効果)」のプロフェッショナル集団であるデジタルフォレストの「ネットPR」活動について、ビジネスディベロプメントグループ セールス&マーケティング部の橘 綾子さんにお話を聞きました。

楽天大学+三木谷浩史 2007/10/26 8:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
接客力の高い売り場を作る――買いたくなる商品ページの秘訣1

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、「商品ページの作り方」です。

お店の魅力を凝縮した「トップページ」の次は、個々の商品を紹介する「商品ページ」の考え方に移ります。商品ページは、トップページと同じく「接客の場」です。ただ、トップページと違うのは、商品ページでは「買ってもらうこと」が直接の目的になるということです。

したがって、魅力のある商品ページを構築する際には、トップページを作ったときと同じく、「接客三原則(わかりやすい、親しみやすい、行動を起こしやすい)」を念頭に置き、それに対応する要素を盛り込んでいくことが基本となります。

楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版

お客様の視点で店舗環境分析をして自分の「とんがり」を見つけよう

楽天大学+三木谷浩史 2007/10/23 9:00

特別公開! 楽天市場公式 ネットショップの教科書 オンライン版
ショップコンセプトを磨く――見せるトップページの秘訣7

ネットショップの運営ノウハウ、繁盛する秘訣を楽天スタッフ自らが書き下ろした書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』の内容をオンライン版として特別に公開しています。

今回のテーマは、店舗環境分析の具体例です。

わかりやすくするために、実際の店舗「韓国世界のグルメ@キムチでやせる」を例に、店舗環境分析を行なってみます。

まず「お客様」について考えていきましょう。お客様として考えるべき生活者がどのようなニーズを持っているのかという視点で見ていくのです。「○○志向」や「○○ブーム」という形で表現できるものを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]