コメント投稿

最近のYSTアルゴリズム変更で、TOPページに対するペナルティが発生していると思います。

1.TOPページに対する評価減
  →「TOPページが検索結果に表示されなくなる」

2.アフィリエイトサイトに対する評価減
  →「アフィリエイトリンクを張っているページを検索結果に表示させなくする」

という現象があり、問い合わせが殺到しています。

単純にYSTの「データーベースの更新」だけではなく、
アルゴリズム変更を伴うデーターベースの更新がなされたと、
考えるのが正解かと思います。

アルゴリズムが変更されるということは、
今まで行ってきたSEO対策にも見直しを要求されるということです。

一番理想的な方法は、この石井さんの記事にあるようにサブページ
も合わせた、ドメイン全体で評価を上げていくやり方・・・

極端にTOPページに情報が固まるサイトは、やはり内容がないサイト
だと、検索エンジンが判断しても仕方がないでしょうね。

それぞれのタイトルや、テーマごとに自分の考えを主張していくのが
ブログですので、TOPに情報が固まるのは、歪なきがします。

自然の流れにしたがって、思うことをかき込んでいく・・・

これを続ける限り、何も問題など起きないはずですね。

最速で、上位表示をさせることに無理があるかと思います。

改めて、この考えを堅くさせていただきました。

仲居 一平

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドロップシッピング
商品の在庫や仕入れなしに消費者から注文を受け、メーカーやドロップシッピング専門事 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]