Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座 コーナーの記事一覧

icon このコーナーについて

アクセス解析からサイトを伸ばす方法を具体例で考えていきます。

(全 28 記事)

石井 研二(HARMONY) 2010/08/17 10:00 (37)(32)

前回に続き、KPIについて考察しよう。「目標」と言うと、資料請求のような住所氏名を送信するタイプのゴール、いわゆる「コンバージョン」のことと思われる向きも多いが、企業サイトで大切にしたいゴールはフォーム送信なしのものも多い。“閲覧を増やしたいページ”という考え方のゴールも不可欠なのだ。

石井 研二(HARMONY) 2010/05/12 9:00 (44)(118)

「KPI」のことを調べていたら、ネット上の情報が間違いだらけだとわかった。これから何回かにわたってKPIの設定と活用について実践的な情報を書いていくことにしよう。ホームページの効果の維持向上に大きく関わる指標づくりなので、良く考えてほしい。「うちのサイトでは目標が明確になっていない」というあなたでも大丈夫だ。任せてほしい。

石井 研二(HARMONY) 2010/02/01 9:00 (48)

ネットに限らず通販ビジネスはリピーターの獲得が命だ。1回の広告出稿やカタログ配布を行い、1回購入されただけでは赤字になってしまう。一度購入した人に二度三度と再購入してもらい、利益を上乗せする方法を、今回もアクセス解析から考えていこう。

石井 研二(HARMONY) 2009/11/25 10:00 (26)(84)

たくさんのECサイトで、訪問者の巡回が十分に活発になっていない。そのため、肝心の商品詳細が見られずその魅力が伝わらず、結果的に、あまり売れない状態が続いてしまっていることも多い。データを見て、サイトを診断し、改善する方法を2回にわたって考えてみよう。

石井 研二(HARMONY) 2009/09/18 10:00 (29)

多くの業界で、実店舗やショールームに訪問者を誘導することが、ホームページの重要な役割となっている。が、アクセス解析を行うと、その割には訪問者があまり店舗ページを見ていないことがわかる。どのようなホームページにすれば、スムーズな店舗誘導が行えるのか、考えていくことにしよう。

石井 研二(HARMONY) 2009/07/17 11:00 (45)

Webサイトの見える化で、もっとも重要なのは、ゴールにたどり着いた訪問者の動きだ。これを詳細に分析し、ゴールに結び付きやすい要因は何かをつかむことができれば、次の戦術がはっきりと見えてくる。「資料請求」の効果を向上させるため、今回も引き続き、その分析方法を詳細に見ていこう。

石井 研二(HARMONY) 2009/05/25 10:00 (82)

未曾有の不況下、ホームページはますます成果を求められており、「資料請求」や「問い合わせ」を受け付けて、営業に結び付けるのも大きな使命となる。今回から2回に分けて、「資料請求」の効果向上について、実践方法を検討していこう。

石井 研二(HARMONY) 2009/04/30 10:00 (30)

SEOというと、ショッピングサイトやB2Cビジネスに限定したものだと思っている人が多いようだが、それはまったくの誤解。むしろ、顧客の顔が見えやすいB2B企業の方が検索をもとにした「狙い込んだ集客」をしやすい状況にあると言えるだろう。第4回は「B2B企業サイトの集客」に焦点を当てて考えてみたい。

石井 研二(HARMONY) 2009/02/24 10:00 (78)

データの見方とそこからのサイト改善方法を具体的に考える「ウェブサイトの見える化&カイゼン講座【実践編】」。第3回は「ブルー・オーシャン」という考え方からSEOの方法について探ったが、今回はいよいよ、ブルー・オーシャン発見の具体的な手順を検討していこう。

石井 研二(HARMONY) 2008/09/25 11:00 (47)

データの見方とそこからのサイト改善方法を具体的に考える「ウェブサイトの見える化&カイゼン講座【実践編】」。第2回のテーマは『ブルー・オーシャン』だ。自社製品の“セールスポイント”はなにか、を正しく意識し差別化を図ることで、同じニーズを奪い合うライバルとの違いを打ち出す方法を検討していこう。確実にサイトの成果を向上させてほしい。

石井 研二(HARMONY) 2008/08/05 11:00 (47)

第1回 “ロングテール型SEO”に着目し、“勝てるキーワード”を意識せよ

「ウェブサイトの見える化&カイゼン講座」だが、今回から“アクセス解析 実践編”として、実際の数字を交えながら、データの見方とそこからのサイト改善方法を具体的に見ていくことにしよう。第1回のテーマは「ロングテール型SEO」。この方法を覚えて、確実にサイトの成果を向上させてほしい。

石井 研二(HARMONY) 2008/08/05 10:59

アクセス解析からサイトを伸ばす方法を具体例で考えていきます(実践編)。

石井 研二(HARMONY) 2008/07/03 10:00 (65)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
検索キーワードリストから見つけ出すコンテンツ企画

「企業情報」は、B2CからB2Bまでほとんどすべてのサイトが必要とするコンテンツだが、どれぐらいどんな訪問者に見られたらよいのかわかりにくいものでもある。今回は、IRやCSR、採用情報も含めた「企業情報コンテンツ」を、アクセス解析から効果拡大する手法に迫ってみよう。

石井 研二(HARMONY) 2008/05/26 10:00

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
企業のゴールとは? 「貢献するサイト」のためのKGI活用術

コンバージョンがどれぐらい起こるか、サイトの成績が下がっていないか、これをチェックするための指標が「KPI」だということを前回説明した。KPIはコンバージョン=ゴールの手前で使うものだが、ゴールそのものの指標は「KGI」と呼ばれている。ただしKGIの場合は、本来の意味でのゴールとは少し違うものと考えたほうがよい。企業のゴールとは何か? そしてそれはウェブでどうあるべきか? あらためて企業の「ゴール」について考えておこう。

石井 研二(HARMONY) 2008/03/28 8:00 (52)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
検索キーワードリストから見つけ出すコンテンツ企画

経営者はいつも数値を眺めて先を考えている。たとえば営業利益は売上高の何%にあたるか、社員1人あたりの利益はいくらか? こうした数値を「KPI」(キーパフォーマンスインジケータ、重要経営指標)という。 KPIという考え方をウェブでも活用できないかという発想から出てきたのが「ウェブKPI」だ。企業ウェブマスターは、ウェブKPIをにらみながら、着実にウェブの効果を高めていってほしい。

石井 研二(HARMONY) 2007/12/27 9:00 (35)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
ストライカーとアシストにみるウェブサイトの「ゴール前」 〜コンバージョン改善の動線設計

「何のために企業はウェブサイトを運営しているのか?」と問われれば、ユーザーの利便性向上や情報提供などいろいろな答えがあるだろう。しかし、せんじ詰めれば「効果を上げる」ためになるだろう。

では、そもそも「効果」とは何か? どこを見ればその効果を増やすことができるのか?

今回は「ゴールページ」というとらえ方で、ウェブを分析していこう。

石井 研二(HARMONY) 2007/11/27 8:00 (121)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
トップページは誰のもの? 現代流の動線に合わせたトップページ再評価法

今回はトップページの位置づけについて調整しよう。

これまで何度も考察してきたとおり、実際にアクセス解析を行うと、最初にトップページを訪れるユーザーは、今やわずか25%程度しかない。言い方を変えると、トップページを入り口とする来訪者は25%程度なのだ。

そういった状況を理解せずに、これまでのようなトップページ偏重の考え方のままサイトを運営していては、機会損失の原因ともなってしまう。

石井 研二(HARMONY) 2007/08/27 8:00 (64)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
検索キーワードリストから見つけ出すコンテンツ企画

今回は検索語句のリストをじっくり見ていこう。リストの上位だけを見ていると、会社名など、「うちのサイトに多く訪れるのは当たり前」といった言葉ばかりだが、下位まで見ると、このリストが宝の山だと気づくだろう。それは成功につながるコンテンツを教えてくれる“魔法の鏡”なのだ。

石井 研二(HARMONY) 2007/07/30 8:00 (107)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
1つの表だけでもここまで読める! 逆転や落差から探すサイト改善のポイント

ウェブサイトは大量のページからなり、複雑にリンク構成されている。1人の担当者が扱うのは無理じゃないか、と思えるほどだ。しかし、訪問者は決してそのすべてを見るわけでもなければ、混乱もしていない。アクセス解析から一番基本的な「アクセス数ランキング」を読み解くだけで、その複雑な糸を解きほぐし、次の一手を見極める方法を覚えよう。

石井 研二(HARMONY) 2007/06/26 8:00 (299)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
アクセス解析から導き出す資料請求を増やす方法

ページビュー数だけをウェブサイトの評価指標としている会社がまだまだ多いようだが、「ページビューがたくさんあれば成功している」というわけではない。今回はアクセス解析を行いながら、いかにして「成果」へ導くかを考えていこう。主眼は、コンバージョンを増やすためのPDCA(Plan Do Check Action)サイクル作りだ。

石井 研二(HARMONY) 2007/05/22 9:58 (44)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
新規顧客を増やすための解析&分析方法

ページビュー数だけをウェブサイトの評価指標としている会社がまだまだ多いようだが、「ページビューがたくさんあれば成功している」というわけではない。今回はアクセス解析を行いながら、いかにして「成果」へ導くかを考えていこう。主眼は、コンバージョンを増やすためのPDCAサイクル作りだ。

石井 研二(HARMONY) 2007/03/13 8:00 (64)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
サイトの「行き止まり」から見えてくる訪問者を逃がさない導線づくり

ウェブサイトでは無数のリンクが網の目のように絡み合うため、「目的どおり」に組み立てることが難しく、いくつかの「行き止まり」ページが、サイトのパフォーマンスを落としていることに気づきにくい。

石井 研二(HARMONY) 2007/02/01 7:59 (33)(73)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
平均閲覧ページビューから見えてくるウェブサイトの「目標」

正しい指標を立ててサイトを伸ばしてこそ、Web担当者も評価を得られるというもの。今回は最も手軽で、考えやすい指標を採り上げ、解析と改善の連携を見てみよう。

石井 研二(HARMONY) 2006/11/13 8:00

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
カンタンな「割り算」で見えてくるサイトの数値目標

アクセス解析ソフトやサービスは解析の素材を提供するもの。それを使って、サイトの状態や課題を浮かび上がらせるのは、単純な「割り算」である。

石井 研二(HARMONY) 2006/11/06 12:23 (47)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
キーワード分析で見えてくるあなたのサイトに足りないコンテンツ

アクセス解析からサイトを伸ばす方法を具体例で考えていこうというこの連載。

今回はキーワードの分析から。キーワードのリストから次にどんなコンテンツを増やせばいいかが見えてくる。

石井 研二(HARMONY) 2006/07/27 16:35 (24)

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
正しいアクセス解析は正しい用語の理解から

ウェブサイトはようやく「数字」を見ながら訪問者の動きをコントロールする時代に入った。正しい読み取りと判断でサイトを一歩も二歩もリードさせよう。

石井 研二(HARMONY) 2006/07/27 16:34

アクセス解析からサイトを伸ばす方法を具体例で考えていきます(基本編)。

石井 研二(HARMONY) 2006/07/27 15:34

アクセス解析からサイトを伸ばす方法を具体例で考えていきます。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AR
ARとは、「拡張現実感(Augumented Reality)」の略で、実際の景 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]