小さな会社のWEBマーケティング(ブログマーケティング編)

ブログを使ったWEBマーケティングの方法のお話。SEOや反響アップについての効果があります。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「小さな会社のWEBマーケティングの講座 第3回」ということで「ブログマーケティング」についてのお話したいとおもいます。

前回はメールマーケティングのお話をしましたがメールマーケティングとブログマーケティングは合わせて使うと効果的ですので前回のブログを先にお読みいただくことをお勧めします。

ブログとは

 

ブログという言葉はおそらくほぼ皆さん周知のワードかと思います。

いまさらブログって何?って方はいないとは思いますが、Web(ウェブ) とLog(ログ)をあわせた造語です。ウェブ上にある履歴・記録からきていて、現在ではほぼ芸能人がネット上で発信している日記のような位置づけです。

 

一般の方は日記のようなものと思われているかもしれませんが別に日記を特定したものではありません。

ブログには、ニュース、イベント情報、技術情報、日記、コンテンツページ、等々、様々な用途に使える便利なツールになってきました。

また誰でも気軽に発信できるようになりました。

これはアメブロとかライブドアブログとか大手のIT会社が無料でブログの開設をサポートしているのが大きいと思います。

この無料ブログの反映から次に大きな影響があったのがWordPress(WP)とかMovableType(MT)とかのブログソフトの台頭です。

アメブロとかの外部ブログではアメブロのドメインであり広告が出たりとかでどうしても自社のサイトに掲載するには支障がありました。

このWPとかMTは基本無料で使え広告もでませんし自社サーバーで利用できます。

このWPやMTの台頭でブログマーケティングがより浸透していったのも間違いありません。

ブログマーケティングとは

ブログマーケティングというのはいったどういったマーケティングなのでしょうか?

簡単にいえばブログを使ってクライアント、ユーザーに向けてある目的(集客・反響・成果・認知)を達成させることです。

ここで一番重要なことは「集客」ができるということです。

一般の方はブログで集客?ってなります。

だからその理由がわからないからブログを書いて何の意味があるの?となるわけです。

ブログを書くことによって集客をする、これこそブログマーケティングの最重要目的なのです。

 

ブログをすることで3つの効果があると思っています。

1つにSEOに有効です。もうひとつは取引がある既存のクライアント(ユーザー)にとって有効です。

SNSへの連携もできます。

 

そのあたりの話を詳しくお伝えしていきます。

いろいろなブログ

ブログ黎明期のころの効果はSEOが主流でした。

外部のブログツールを使う理由は被リンクを稼ぐためです。

弊社のサイトも2008年に初めてブログを開始しました。 

当初はエキサイトブログを使ってスタートです。

そして弊社のスタッフがFC2、アメブロ、ライブドア、ヤフーなど複数のブログを投稿しそこから弊社サイトへ向けて被リンクをはる。

被リンクがあればあるほどSEOに効果がある、それだけが目的でした。

 

しかしながら外部ブログからの被リンクでSEOの効果がそれほどないという時代にはいります。

いわゆる外部要素よりも内部要素のほうがSEO的に重視され、サイト(同一ドメイン)のページ数が多ければ多いほど有利という時代にはいります。

そうなってくるとサイトのページを増やすのにWEB制作業者に毎回依頼していては費用的に大変。

そこで重宝されはじめたのが先ほどお話したWordPress(WP)とかMovableType(MT)のブログソフトです。

このWPを使ってブログをWEB担当者が日々書いてページを増やしていったのです。

ただページを増やせばいいという時代もすぐ終わりになります。

ブログマーケティングの効果

上で書きましたがブログの効果はSEOと既存クライアントへのアプローチ、SNSへの連携です。

1)まずはSEOの効果についてお話します。

先ほどお話したブログ黎明期のころは外部ブログを使うことで被リンクを稼ぎサイトのGoogleでの上位表示を狙うことが目的でした。

しかしその効果も薄れました。

ページ数を増やすことでGoogleのインデックス数(登録されているページ数)を増やせばSEOに効果がでるようになりました。

10ページのサイトより20ページ、20ページのサイトより100ページ、多ければ多いほどサイトの評価が上がる傾向にありました。

この手法はやみくもにページを増やすことを主としページの内容はどうでもよかったという時代です。

しかし次の時代ではページをやみくもに増やしても何の意味もない、ユーザーにとって有益なサイト作りをしないとSEOの効果はないという時代にはいります。

まさしくこれが現段階です。

ブログで自分のビジネスとは関連性がないグルメ情報とかプライベートな情報を発信しても意味がないのです。

自分のビジネスの周辺キーワードを使いながら記事を発信していく、これこそユーザーのためになる、それがSEOに繋がるということなのです。

 

2)もう一つの効果は既存のクライアントにたいしてです。

既存のクライアントやユーザーに向けて、ブログで発信することは非常に効果的です。

過去の顧客というのはしばらく期間があくと接点がなくなり次の仕事を依頼しづらくなってきます。

ブログで技術情報や会社情報、サービス情報などを常に発信していくことでクライアントをつなぎ留めておくことができます。

でも既存のブログを見てもらうためにどうするのかといえば、前回のブログでお伝えしたようにメールマガジンでお知らせするのです。

メールマガジンで宣伝ばかりしていたら購読はしたくなくなるのは当然です。

クライアントにとって有益のある情報をメールマガジンで発信しブログに誘導することで会社とクライアントが常につながっている状態になります。

ブログの発信頻度は適当な期間があると思います。多ければ多いほど煩わしいと思われますし、なかなか難しい部分です。

理想は1週間に一度くらいでしょうか・・・。

ビジネスモデルによっても異なりますが手探りで探してみてください。

 

3)SNSとの連携

ブログを書いたあとにFacebookやTwitterにシェアします。

そうすることによってフォロワーによる拡散が期待できます。

もちろんフォロワーや友達が少ないと意味がありませんがうまくSNSを活用していれば爆発的な集客も期待できます。

SNSが広がった今ブログは非常に重要なメディアになっています。

なぜSEOに効果があるのか?

ここではブログがなぜSEOに効果があるのか具体的に話していきたいと思います。

ブログの記事はユーザーにとって有益でなければいけません。

パクリ記事は絶対にNGです。

また単に宣伝だけでもいけません。

技術情報を発信する際に企業秘密な情報もあるかとおもいますが、それは隠しつつ読み手にためになるような内容を書いていきます。

 

逆の立場で考えてください。

今やネットで検索をすればあらゆる情報がただで得ることができます。

これらの情報は同じようにブログで発信している人々がいるからなのです。

なんでこんな本でも買わないとわからないような情報をただで見ることができるのか。

それはまさに発信元がSEO的に効果があるからなのです。

無意識のうちにネット検索し無意識でそのサイトのにおとづれて無意識のうちにそのサイトに貼っている広告などをクリックしたり、

そのサイトのサービスに興味をもってお問い合わせをしたりしているのです。

あるキーワードで検索した結果上位に表示されている、これこそSEOの効果なのです。

だから自社に関連したキーワードを含めた記事を書くべきというのはこういうことなのです。

グルメ情報をかいて集客してもなんの効果も期待できないのは言うまでもありません。

既存のクライアントへの効果

ブログを発信することで既存のクライアントに対してどういった効果があるのか具体的にみていきます。

既存のクライアント様はブログのページを見てもらうことはなかなか難しい部分があります。

いちいちサイトにアクセスしていただけるクライアント様なんてそれほどいないからです。

 

ではどうするか。

ブログの内容をメールマガジンで送るのです。

 

その際のメールタイトルも重要です。気にしてもらえるタイトルじゃないと当然読んでもらえませんから。

で、メールマガジンの途中途中に以前のブログのネタとか、新着情報だったり、新商品情報とか、もろもろトピックスを織り交ぜながらサイトに誘導します。

 

ブログとメールマガジンを活用することでサイトにアクセスしてもらい自社のことを忘れないようにしてもらう、それが最大の目的です。

 

今回はブログマーケティングについてお話しましたがいかがでしたでしょうか?

ブログからSNSへ発信していく手法があります。

次回その方法をお伝えできればと思います。

 

ブログマーケティングに興味がある方、もしくはクライアント様に提案したい方はぜひともご相談ください。

元の記事はこちら:https://www.1st-net.jp/blog/2019/09/16/blog-maketing/

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]