情報が少なくても出来る「パーソナライズのコツ」【マーケティング担当者必見】

情報が少なくても出来る「パーソナライズのコツ」【マーケティング担当者必見】
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

今、世の中には「パーソナライズ」が溢れています。

特にデジタル領域におけるパーソナライズはAIの活用によって非常に進化してきました。アマゾンのおススメ本に代表されるパーソナライズはお客様の満足度を高め企業にさらなる売上をもたらす1つの手法になってきています。

しかし、多くのデジタル分野における投資が出来ない企業にとって、パーソナライズはまだまだ未知の領域です。また、テクノロジーの進化によってこれまでよりも低い金額でパーソナライズが出来るようになったと言っても、情報が圧倒的に不足しているために、精度を高めることが出来ていない企業も多く存在することも事実です。

そこで今回は、いかにパーソナライズを実施すべきなのか?という「パーソナライズのコツ」について考えてみたいと思います。

続きはこちらからご覧いただけます。「情報が少なくても出来る「パーソナライズのコツ」【マーケティング担当者必見】」

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]