企業インタビュー:日立製作所「ABMダッシュボードでデジタルマーケティングを加速」

ABMダッシュボードの活用にスポットをあて、オンラインにてお話を伺いました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社パワー・インタラクティブ(本社:大阪市中央区、代表取締役:岡本充智)は2020年7月27日、ダッシュボードを活用したデジタルマーケティングの取り組みとして、インタビュー記事「ABMダッシュボードでデジタルマーケティングを加速」を公開しましたのでお知らせします。

株式会社日立製作所は、ITやエネルギー、インダストリーなど、さまざまな分野において事業を展開しており、日立グループの中核を担っております。長い歴史と豊富な経験値に加え、2018年からはデジタルマーケティングを積極的に展開、営業部門と連携しターゲットアカウントへのアプローチ(以下ABM)を推進しています。

今回は営業企画部部長代理の佐藤正樹氏にABMダッシュボードの活用にスポットをあてて、オンラインにてお話を伺いました。佐藤氏はMarketo活用した企業として「Marketo Champion 2019」を受賞、弊社のマーケティング ダッシュボード パックを利用し、データ活用を推進されています。

記事の中でデジタルマーケティングに力を入れた背景から、どのような施策を行い、実際どのようにダッシュボードを使われているのかをご紹介しています。ぜひご覧下さい。

 

記事詳細はこちらから
https://www.powerweb.co.jp/casestudy/interview-23.html?utm_source=pr200727&utm_medium=pr&utm_campaign=wt

 

◆株式会社パワー・インタラクティブについて

パワー・インタラクティブは、デジタルテクノロジーを活用した企業のマーケティング変革を支援するコンサルティング会社です。現在、マルケト社が提供するマーケティングオートメーションシステム「Marketo」のシルバーパートナーとして、約134社以上(2020年3月末実績)の顧客に「Marketo」の導入・定着を支援するコンサルティングサービスを展開。2017年に「Marketo Best Implementation Partner 2017」と「Partner Leader 2017」)のダブル受賞をしています。

株式会社パワー・インタラクティブ https://www.powerweb.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]