CRMは誰のため?今こそLINEを活用すべき理由。EC・宅配サービス・実店舗におけるLINEのCRM活用事例も一挙解説【Feedmatic Blog】

顧客の利便性を高めながら実現するCRM施策事例、LINEのCRM活用の特徴やポイントについてご紹介
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

デジタルシフトやそれに伴う顧客の購買行動の変化は、コロナの影響によりますます拍車がかかっています。これらの変化に対応するためにも、今後ますます、企業と顧客とのコミュニケーションのあり方、中でも、便利なユーザー体験を提供し、継続的な関係性を構築していくCRMの重要度が増しています。

また、ユーザーが日常的なコミュニケーションにLINEを利用する今、多くの企業がLINE公式アカウントを通したコミュニケーション施策を導入し、それに伴いLINEのCRM活用が注目されるようになりました。

CRMというとしばしば、企業サイドの効率化や自動化を中心とした話題になりがちですが、本来は”顧客満足度を高める”ためのものであるべきです

そこで本記事では、顧客の利便性を高めながら実現するCRM施策事例、LINEのCRM活用の特徴やポイントについてご紹介します。

[Feedmatic Blog]CRMは誰のため?今こそLINEを活用すべき理由。EC・宅配サービス・実店舗におけるLINEのCRM活用事例も一挙解説
https://blog.feedmatic.net/about-line-crm/

▼記事の一部をご紹介▼

LINEのCRM活用が注目されている理由:LINE公式アカウントとCRM

ユーザーが日常的なコミュニケーションにLINEを利用する中、多くの企業がLINE公式アカウントを通したコミュニケーション施策を導入し、それに伴いLINEのCRM活用が注目されるようになりました。

中でもLINEのCRM活用が注目される一番の理由は、LINE公式アカウントを軸に、メッセージングの枠を超え、LINEのプラットフォーム上でユーザー一人ひとりに便利な顧客体験そのもの提供することができることにあります。

LINE公式アカウントは、もはや企業から一方通行のメッセージングを行うためだけのものではなく、LINEを活用したCRMの中心を担うソリューションです。

目次をご紹介

  • CRMは誰のため?顧客体験(CX)向上が本来の目的
  • LINEのCRM活用が注目されている理由
    • LINE公式アカウントとCRM
    • LINEで実現する顧客体験(CX)向上
  • LINEで実現するCRM施策事例
    • ヒラキ公式サイト:LINEからスムーズな購買体験を提供
    • 銀のさら公式サイト:スマホから手軽に注文できる、便利な顧客体験
    • アコーディア・ゴルフ:予約やチェックインにLINEの会員証を活用
  • LINEのCRM活用のカギはID連携
  • ID連携率を高めるには?

[Feedmatic Blog]CRMは誰のため?今こそLINEを活用すべき理由。EC・宅配サービス・実店舗におけるLINEのCRM活用事例も一挙解説
https://blog.feedmatic.net/about-line-crm/

Feedmatic Blogとは

Feedmatic Blogとは、株式会社フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログです。

変化の激しいデジタルマーケティングの世界で様々な手法を模索中のマーケターに向けて、日々有益な情報を発信しています。

Feedmatic Blog:https://blog.feedmatic.net/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]