コメント投稿

編集部の安田です。

XOOPS系は、誌面の都合(もともとは雑誌用に作られた記事ですので)やその他諸般の事情で、残念ながら今回の記事には掲載されていません。でも、開発コミュニティやi18n関連の動きのドタバタはありますが、XOOPSは確かに普及していますね(そういう意味ではJoomla!も開発コミュニティやライセンス関連でドタバタがあったのも確かですが)。

いま日本で企業サイトにXOOPSを使うとなると、やはりXOOPS Cube Legacyになるのでしょうか。記事に詳細なデータは載せられませんでしたが、参考までにXOOPS関連のリソースを記載しておきましょう。

XOOPS Cube日本サイト
導入事例(やっぱり多いですね)

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]