コメント投稿

オムニバス、DMPを活用したアクセス解析を利用する「ユーザー・プロフィール分析」サービスを開始

設定したターゲットユーザー像の仮説検証や、マーケティング活動のアイデアに有効
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告配信のオムニバスは、Webサイトにアクセスしたユーザーに関するデータをマーケティングデータとしてマネジメントするDMP(データマネジメントプラットフォーム)を活用したアクセス解析により、データに基づくペルソナ設計が可能となる「ユーザー・プロフィール分析」サービスを開始した、と7月29日発表した。サービスによりサイトを訪れたユーザーの人物像を明らかにすることで、マーケティング活動において設定したターゲットユーザー像の仮説検証や、新たなマーケティング活動のアイデアを得ることができるという。

ユーザー・プロフィール分析は、DMPを用いて行動データを取得しているオーディエンスに対してディスプレイ広告を配信し、自社サイトに誘導する。サイトに訪問したユーザーは「サービスに興味を持つユーザー」として、行動データを統計的に分析する。オーディエンスデータは「パーソナリティ」「ライク」「ライフ」「コミュニティ」のカテゴリに分類し、それぞれの視点からユーザーの特徴を導き出す。調査レポートは「オーディエンス分析結果一覧」「ペルソナ分析」「カテゴリ詳細分析」の3種類。調査期間は1~3ヵ月で、価格は50~100万円(調査に関わるデータ量や期間による)となる。

オムニバス
http://e-omnibus.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
10100
10100
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル