オムニバス、サイト訪問者データを収益化する「オーディエンスネットワーク」サービスを提供開始

Webメディアユーザーのデータを広告主向けに販売、広告配信実施で一部を提供元に支払い
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告配信事業のオムニバスは、サイト訪問者データを収益化する「オーディエンスネットワーク」サービスを開始した、と9月6日に発表した。同社の運営するアドネットワークシステム「オムニバスネットワーク」を通じて、Webメディアユーザーのオーディエンスデータを広告主向けに販売。オーディエンスデータ分析で属性を特定したユーザーにオムニバスネットワークを利用してWebメディア上で広告配信を実施すると、広告費の一部をオーディエンスデータ提供元のWebメディアに支払う仕組み。オーディエンスデータの種類は検索、サイト内閲覧コンテンツ、コンバージョンなどのアクション、アクセスエリアなどで、同社より発行されるタグをWebメディアに貼り付けることで導入可能。

オムニバス
http://www.e-omnibus.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]