フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」がIMのDMPと連携開始

オーディエンスデータ活用のユーザー分析やターゲットセグメントへのリーチが可能に
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング技術開発のフロムスクラッチは、同社のマーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」が、データマーケティング事業のインティメート・マージャー(IM)のデータマネジメントプラットフォーム(DMP)と連携を始めた、と5月17日発表した。より精緻なデータマーケティングを実現する。

IMはパブリックDMPのシェア4年連続トップを誇り、約4億7000万のオーディエンスデータ(広告の受け手の属性情報・行動ログ)が蓄積されている。今回の連携でb→dashのユーザーは、このオーディエンスデータを活用したユーザー分析やターゲットとするセグメントへのリーチ、レコメンド配信ができるようになる。

 

b→dashが蓄積する月間約23億のアクセスログデータや約3000万のユニークユーザー情報と、IMのオーディエンスデータを使うことで企業は、自社と外部サイトの顧客行動が正確に分析可能。ウェブサイトにアクセスした自社に情報がないユーザーの属性傾向や何に興味を持っているか、といったユーザー像が分かる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

GTA
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス