サイトの現状と課題を可視化するアクセス解析レポート「ミルズレポート」の販売開始

「Googleアナリティクス」使用企業向け、8ページに状況・効果・成果・施策など凝縮

ウェブ解析コンサルティング事業のミルズは、アクセス解析レポートサービス「ミルズレポート」の正式販売を5月15日に始める、と5月9日発表した。サイトの現状と課題を分かりやすく可視化するとともに「直帰率」という言葉を作ったとされるコンサルタントの石井研二・主任研究員による改善アドバイスを記載する。

ミルズレポートは、Googleのアクセス解析サービス「Googleアナリティクス」でデータを取ることが難しい内容を標準搭載。サイトの課題が一目で理解できるようなグラフィックを使い、役員会への報告に利用しやすいように8ページに凝縮する。紙出力で製本したリポート、動線図、それらをPDFで格納したDVDで提供する。

 

Googleアナリティクスを使っている企業向けとなる。Googleアナリティクスは膨大な表があるためデータの取り出しに苦労し、改善に役立てられないケースが多いことからサービスを始める。状況・推移・効果・成果・施策を8ページに盛り込む。1ヵ月分のデータで作成。レポート単体15万円(税別)、年間契約150万円(同)。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]