NTTコムウェア、Twitterでつぶやいたユーザーの興味・関心を分析するサービス「InsightCatcher」提供開始

つぶやき内容や回数の分析からファンを抽出、ほかにどの分野に関心があるかを分析
よろしければこちらもご覧ください

システムインテグレーション事業のエヌ・ティ・ティ・コムウェア(NTTコムウェア)は、「Twitter」ユーザーのつぶやきを分析して興味・関心を分析するSaaS型サービス(サービス型ソフトウェア)「InsightCatcher(インサイトキャッチャー)」を8月1日から提供開始する、と7月29日発表した。商品名やブランド名を含むつぶやきの分析ではなく、つぶやき内容や回数の分析から、商品に関心を持つユーザーをファンと位置付けて抽出し、ファンがほかにどの分野に関心があるかを分析することができる。

InsightCatcherには「独自技術によるファン関心分析機能」「商品・サービスに関する投稿の傾向・内容を簡単に把握」などの特長がある。ファン関心分析機能では、商品やブランドの名前など特定のキーワードを含むつぶやきから、宣伝目的や無意味なつぶやきを排除した情報を抽出、一定期間のつぶやき回数や感情表現から、特定のキーワードに関心のあるユーザー(ファン)を定義したうえでファンのつぶやきを再度収集してユーザーの関心の傾向を表示する。投稿の傾向・内容の把握機能では、収集したつぶやきを独自の観点で再分類できるため、より詳細な分析が可能になる。

エヌ・ティ・ティ・コムウェア
http://www.nttcom.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]