博報堂など、企業のコンテンツ活用を支援する「コンテンツマッチング・サービス」を提供開始

広告やサービス開発においてコンテンツ活用を検討している企業を支援
よろしければこちらもご覧ください

博報堂と広告事業の博報堂DYメディアパートナーズは、共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」を通じて企業の効果的なコンテンツ活用を支援する「コンテンツマッチング・サービス」の提供を開始した、と7月29日発表した。コンテンツビジネスラボが開発した「リーチ力・支出喚起力ランキング」「コンテンツプロファイリングシート」などの分析ツールを活用し、企業と生活者をつなぐコンテンツのポテンシャルを多様な観点から明らかにし、企業の目的に応じて適切なコンテンツ選択や効果的なタイアップ方法のアドバイスなど、広告やサービス開発においてコンテンツ活用を検討している企業の支援を行う。

コンテンツマッチング・サービスで活用するツールのリーチ力・支出喚起力ランキングは、毎年実施する全国調査「コンテンツファン消費行動調査」を基に11カテゴリ、605コンテンツの「リーチ力」と「支出喚起力」の数値を算出。カテゴリをまたいでコンテンツのポテンシャルが比較できるため、幅広い視点でコンテンツ活用を検討できる。コンテンツプロファイリングシートは、ファンの詳細な性年代属性・ライフステージや、人数のボリュームなどの情報をまとめている。最近1年間に購入した耐久財やサービス、保有デバイス、利用しているネットサービス、よく利用するメディア、週1回以上訪れる店舗など、ファンのコンテンツ利用以外の行動についての分析が可能。リーチ力・支出喚起力ランキングとあわせて活用することで、コンテンツのポテンシャルと具体的な活用方法が明らかになる。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.hakuhodody-media.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]