データから効果的な要素を発掘し、動画広告の最適化を支援するソリューション 「動画クリエイティブプラナー」の提供開始

博報堂DYグループがGoogleのブランド効果測定を基に開発
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/1/24 15:38

博報堂DYメディアパートナーズと博報堂DYデジタルは、動画広告におけるクリエイティブの最適化ソリューション「動画クリエイティブプラナー」の提供を開始した、と1月22日発表した。動画クリエイティブプラナーは、動画広告のクリエイティブを最適化するソリューションとして開発した。

動画クリエイティブプラナーは、博報堂DYグループのマーケティング・ソリューション群「生活者DATA WORKS」の1つで、Googleのブランド効果測定を基に開発した。ブランド効果を最大化するための動画クリエイティブの新規開発と評価が可能となる。

ソリューションの特徴は「クリエイティブプラニングに加え、メディアプラニング機能を搭載している」点で、ブランドリフト値・ブランドリフト単価・広告視聴単価(CPV)等の指標別に有効な動画広告メニューの提案が可能なこと。また、さまざまなキャンペーンに最適化された情報を得ることができるように、条件設定の機能が充実している点がある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]