テレビとデジタル広告の効果一元管理ダッシュボード「テレデジライブモニタリング」提供

博報堂DYメディアパートナーズ、成果を見ながら広告の出稿プラン・出稿の見直しが可能に
よろしければこちらもご覧ください

博報堂DYグループでメディアサービス基盤開発・運用の博報堂DYメディアパートナーズは、テレビ広告とデジタル広告の広告効果のモニタリングが高速、一元化してできるダッシュボード「テレデジライブモニタリング」の提供を始める、と12月15日発表した。国内初という。広告主と広告会社は成果を見ながら広告の出稿プラン・出稿を見直し、広告効果を最大にできる。

広告主と広告会社が見られる統合ダッシュボードで、テレビとデジタル広告両方の出稿に伴う評価指標データを一元管理する。同社が提唱する次世代型の広告メディアビジネスモデル「AaaS(Advertising as a Service)」のソリューション群「博報堂DY次世代メディアソリューションズ」の1つ。ソリューション群は効果の最適化で広告主の事業成長を後押しすることが目的。

テレデジライブモニタリングは、広告主ごとのテレビとデジタル出稿の実績データを基に、博報堂DYグループが独自開発したアルゴリズムによって出稿の2日後にはテレビとデジタル広告を統合した広告ターゲットへの到達率の予算・実績管理を可能にする。操作性や視認性に優れるUI(ユーザインタフェース)を採用。高度で高速な広告効果の把握が容易にできるようにした。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]