博報堂DYメディアパートナーズがテレデジ広告運用「Tele-Digi AaaS」で購買データ連携開始

「Tele-Digi AaaS for Purchase」、EC「Amazon.co.jp」の購買や検索行動を含む機能を提供

博報堂DYメディアパートナーズは、テレビとデジタル(テレデジ)を統合管理して効果・効率的な広告運用を行うソリューション「Tele-Digi AaaS」で、購買関連データを連携するサービス「Tele-Digi AaaS for Purchase」を始める、と11月28日発表した。第1弾でEC「Amazon.co.jp」での購買や検索などのサイト行動を含むテレデジ統合運用を可能にする機能を提供する。

「Tele-Digi AaaS for Purchase」の概要

Tele-Digi AaaS for Purchaseは、購買に関するさまざまなデータを統合。オンライン・オフラインでの購買やカスタマージャーニー(購買までのプロセス)にテレビ・デジタル広告がどう影響しているか明確にして統合管理し、最適な広告運用を図る。モニタリングからプランニング、バイイング(テレビバイイングやデジタルターゲティング)までの3領域を最適化する。

サービスの対応領域

Amazon.co.jpとの連携では、Amazon広告(Amazon Ads)に対する消費者の行動を含む各種インサイト(深層心理)を組み合わせて分析。テレビCMやAmazon Adsへの接触がAmazon.co.jpでの購買・検索行動に与える影響を可視化する。購買・検索は、メディア▽時間帯▽ユーザーの興味関心▽配信素材--の区分で分析。テレビCMと連動したデジタル広告配信にもつなげられる。

ダッシュボードのイメージ画像
分析区分と分析指標の組み合わせ
サービスを活用したリサーチから広告出稿までの流れ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]