博報堂DYメディアパートナーズが次世代型の広告メディアビジネスモデル「AaaS」を提唱

新たな総合メディアサービス開始、予約型の広告枠取引から効果を最大にする運用型へ転換
よろしければこちらもご覧ください

博報堂DYグループでメディアサービス基盤開発・運用の博報堂DYメディアパートナーズは、「AaaS(Advertising as a Service)」と名付けた次世代型の広告メディアビジネスモデルを提唱し、新たな総合メディアサービスを始める、と12月1日発表した。従来の広告枠取引ビジネス(予約型)から、広告効果を最大にするビジネス(運用型)への転換を見据えた。

AaaSは、SaaS(Software as a Service)やMaaS(Mobility as a service)と同様に、広告メディア業界のモノからコトへの事業転換を意味する。広告取引とそのための情報がオンライン化され、広告主のマーケティング目標達成に必要なサービスを常時接続的に提供。次世代の広告メディアビジネス向けたDX(デジタルトランスフォーメーション)モデルという。

企業のマーケティングコミュニケーション施策がメディアやプラットフォームの横断でより高い効果が期待できるようになっている中、メディアごとに分断され、目に見えない要素が大きいために生じる無駄をデータ、システム、アルゴリズムといった技術で排除。投資効果を最大にする。今後テレビとデジタルの統合運用が可能な各種サービスを導入していく。

「AaaS」というモデルを提唱し、博報堂DYグループが目指すもの
博報堂DY次世代メディアソリューション群キーチャート
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]