コメント投稿

コメントありがとうございます。編集部の池田です。

日本オンラインドラッグ協会(JODA)では、2年以上前から、自主ガイドライン策定はもちろん、厚生労働省にインターネット販売容認の要望書を提出するなどの活動をしているようですね。

販売側の影響ですが、医薬品の市場規模は第1類が10%、第2類が70%を占めており、JODAの発表にもありましたが、法令でネット販売が禁止されると、中小規模の薬局・店舗運営の事業継続が困難になると考えられます。実際、JODAの会員アンケートでは、医薬品販売の40%以上がインターネット上で行われているという結果も出ているそうです。

法令で具体的に言及されていない対面の原則ですが、今後法令がどのような内容になるのか、非常に気になるところです。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]