日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

日本チェーンドラッグ協、風邪薬などネット通販再開の賛成に転じる

現在禁止されている風邪薬など第2類医薬品のネット通販を限定的に許容すべきとの報告書をまとめた
よろしければこちらもご覧ください
日本オンラインドラッグ協会の発表した、「医薬品の安全で円滑な提供方法を考える有識者会議 報告書」に対する声明

日本チェーンドラッグストア協会(JACDS、事務局東京都)は4月6日、「医薬品の安全で円滑に提供方法を考える有識者会議」の意見を集約し、現在禁止されている風邪薬など第2類医薬品のネット通販を限定的に許容すべきとの報告書をまとめた。医薬品のネット通販に否定的だったJACDSがネット通販を容認する考えを示したことで、厚労省の方針にも影響が出そうだ。

報告書では、ネット販売なども含めた大衆薬の通販に対して、営業する店舗を保有し、初回は対面で購入することなど一定の条件を満たすことを前提に、「第2類薬まで許容することが望ましい」としている。

JACDSは今後、行政や会員企業、関係団体などにも報告書を示す予定。「この報告書を軸に、さらなる議論を進めてほしい」としている。

有識者会議は中立的なもので、JACDSが結論の方向性を誘導したものではないとしている。

報告書を受けて、ケンコーコムなど、医薬品のネット通販の再開を求めている日本オンラインドラッグ協会(事務局東京都)では声明を発表。「医薬品のネット販売再開が提言されたことは、これまでの状況にくらべると一歩前進した」としながらも、初回購入は対面販売が必要とされたことや、再開を求める医薬品が第2類医薬品に限定されたことに対し、合理的ではないと批判している。

・日本チェーンドラッグストア協会
http://www.jacds.gr.jp/

・「医薬品の安全で円滑な提供方法を考える有識者会議 報告書」に対する声明(日本オンラインドラッグ協会)
http://www.online-drug.jp/2012/04/post-b64a.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]