日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

サミットネットスーパー スマホ専用アプリ開発 音声検索機能も

スマートフォン向けのアプリケーションを開発し、4月4日から運用を開始

首都圏でネットスーパーを展開する、サミットネットスーパー(本社東京都、神保正史社長)はスマートフォン向けのアプリケーションを開発し、4月4日から運用を開始した。

アプリケーションを開発したのはシステム構築を手掛けるケイビーエムジェイ(本社東京都)。

サミットのウェブサイトを立ち上げることなく、アプリから直接商品を検索できるほか、バーコード検索機能も付けた。商品に付いているバーコードをスマホのカメラで読み取って、サイト内の製品を探すこともできる。

アンドロイド向けには「音声検索機能」も付けている。

・サミットネットスーパー
http://summit-netsuper.com/index.html

・株式会社ケイビーエムジェイ
http://www.kbmj.com/

・iPhone版アプリ
http://itunes.apple.com/app/id506580505?mt=8

・Android版アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.summit.netsuper.android

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]