国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

わかりやすいページ表示速度改善TIPS! Googleアナリティクスでほら簡単に!【SEO記事12本まとめ】

「SEOにもUXにも、ページ表示速度の改善が効くのはわかる。でも、どこからどう手をつけていいやら……」そんなあなたに朗報

ページ

「SEOにもUXにも、ページ表示速度の改善が効くのはわかる。でも、どこからどう手をつけていいやら……」そんなあなたに朗報だ。

グーグルのソフトウェア エンジニアが教えてくれた、ページ表示速度の改善にGoogleアナリティクスを使う方法を解説する。

ほかにも、グーグルSEOやサイト運営に役立つ次のような情報を、今週もまとめてお届けする。

  • 求人検索がいよいよ日本で開始。その名も「Google しごと検索」
  • 有料リンク売買サイトにグーグルが手動対策の鉄槌!
  • 医療・健康専用のナレッジパネルが日本でも開始か?
  • サイト内検索結果0件のページが大量にソフト404、どうすればいい?
  • コンテンツの品質・関連性――グーグルはいったい何で判断してるのか?
  • 新Search Consoleのサイトマップには欠けている機能がある
  • 2019年最初のオフィスアワーで、MFI・構造化データ・AMPなどをグーグル社員が解説
  • JSをヘビーに使う動的ページの内容をGoogleに正しくインデックスしてもらう方法
  • Googleニュースの最適化手法をグーグルが公開

今週のピックアップ

わかりやすいページ表示速度改善TIPS! Googleアナリティクスでほら簡単に!
改善すべきページの抽出→改善すべき点の調査 (Katie Hempenius on Twitter) 海外情報

ページ表示速度の改善に役立つGoogleアナリティクスの活用方法をグーグルのソフトウェア エンジニアのケイティ・ヘンプニウス氏がツイッターで共有してくれた。

Googleアナリティクスで次のようにしてみてほしい。

  1. ページ表示速度を改善したいサイトをGoogleアナリティクスのレポート画面で開く

  2. Googleアナリティクスのレポートメニューから[行動]>[サイトの速度]>[ページ速度]を選ぶ

  3. 上部の折れ線グラフの下にある表の、右上にあるドロップダウンリストが「平均読み込み時間(秒)」「サイト平均との比較」になっていることを確認する

  4. 表の右下の[表示する行数]を「100」などに増やす

これで、「ページビューの多い順に」「各ページがどれぐらい遅いか」を確認できる。

赤い棒グラフが出ているのが遅いページだ。上からPV数の多い順なので、上のほうにある遅いページから順に速度改善していけば、優先すべきページから対処していけるというわけだ。

Google アナリティクスの[行動]―[サイトの速度]―[ページ速度]

しかし、これだけでは、「どのページの表示速度を改善すべきか」はわかっても、「何をどうすれば表示速度を改善できるのか」はわからない。

そこで、次の手順を試してみてほしい。

  1. 先ほどの[ページ速度]のレポート画面とは別のタブで、改めてGoogleアナリティクスのレポート画面を開く

  2. Googleアナリティクスのレポートメニューから[行動]>[サイトの速度]>[速度についての提案]を選ぶ(表示には少し時間がかかるはずだ)

  3. 大事なのは折れ線グラフの下にある表だ。「ページビューの多い順に」並んでいるので、上からページを見ていって、さきほどの[ページ速度]で赤い棒グラフが長くでていたページをみつける

  4. その行を右に見ていって、[PageSpeed の提案]列にある「合計●個」のリンクをクリックする

これで新しいウィンドウが開いて、そのURLをPageSpeed Insightsで調査した結果が表示される。このページの「改善できる項目」や「診断」を確認して、改善できる部分を改善していくといい。

GAからPSIを実行
「別ウィンドウで開く」アイコンをクリックするとPSIが自動実行される

なお、こうしたパフォーマンス改善をテーマにしたイベント「Chrome Tech Talk Night #12」が六本木のグーグル本社で開催される。ヘンプニウス氏の来日にあわせた開催で、日程が2月19日(火)と、もうすぐだが、まだ参加申し込みは受け付けている。興味があるなら参加するといい。

★★★★☆
  • すべてのWeb担当者 必見!
  • アクセス解析担当者人に伝えましょう

グーグル検索SEO情報

求人検索がいよいよ日本で開始。その名も「Google しごと検索」
人材確保のためのSERP内での競争が始まる (Google Japan Blog) 国内情報

導入間近か?と期待されていた、グーグルの求人検索がついに日本でも始まった。

Google しごと検索

「Google for Jobs」や「Job Posting」と呼ばれていたこの機能、正式な名称は「Job Search on Google」、日本名は「Google しごと検索」だ。

開始直後でもすでに多くの求人が掲載されていた。導入を見越してたくさんのサイトが準備万端にしておいたからだろう。それだけ期待値が高かったと言える。

あなたの管理しているサイトに掲載している求人情報を「Google しごと検索」に表示するには、サイト側で求人情報をJobPostingの構造化データとしてマークアップする必要がある。ドキュメントは導入するかなり前から日本語化されている。

ドキュメントよりもずっとわかりやすくJobPostingの実装方法を解説している記事があるので、紹介しておく。

トラフィックを集める目的ではなく優秀な人材を確保することを目的とした競争が、しごと検索のなかで始まりそうだ。

★★★★☆
  • 求人しているすべてのWeb担当者 必見!

有料リンク売買サイトにグーグルが手動対策の鉄槌!
抑止効果も狙ったか (金谷 武明 on ツイッター) 国内情報

有料リンクを売買するリンクネットワークに参加していたサイトに、手動の対策を実施したことを、グーグルの金谷氏がツイッターで明かした。

要は、SEO目的のリンクスパムの取り締まりだ。

情報公開による透明性の確保とともに、検索結果を不正に操作するためのスパムに対しては厳正に対処することを告知し、抑止力を効かせる狙いもあるのだろう。

また金谷氏は不自然なリンクの判断についての補足も案内している。詳しくは「リンク プログラムによるガイドライン違反について」の記事を参照してほしい。

このご時世になってもSEO屋が売り込んできたリンクに継続してお金を払っているような読者は、さすがにもう一握りだけだと思う。

とはいえ、こうした業者に金を払うことは、業界にとっても良くないことだ。古くからSEOをがんばっている会社は、念のためにそうした状況に自社が加担してしまっていないか、取引先に確認しておくといいだろう。

★★★★☆
  • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)

医療・健康専用のナレッジパネルが日本でも開始か?
えせ健康サイトを検索から撲滅してほしい (FG🐡 on ツイッター) 国内情報

病気・健康・医療に関するナレッジグラフを、グーグルは2015年2月に米国で導入した(その後、インドや南米の国でも導入)。日本での正式導入も、まもなくかもしれない。というのも、日本語で医療のナレッジパネルを見ることができたのだ。

インフルエンザのナレッジパネル
風疹とものもらいのナレッジパネル

健康関連の情報として信頼性に乏しいコンテンツが検索結果に出ることがあり、数年前には大きな問題になった。医療関連のナレッジグラフは、グーグルが医療機関と提携し医師・専門家の監修のもとで作成したものだ。当然、信頼性が担保されている。

生死にかかわることもある病気や怪我のような医療・健康系の検索で、こうした専用のナレッジパネルが日本でも掲載されるとしたら心強い。日本のグーグルにはぜひとも正式版を推進していってほしいものだ。

★★★★☆
  • 医療系サイトのすべてのWeb担当者 必見!

サイト内検索結果0件のページが大量にソフト404、どうすればいい?
そもそもクロール、インデックスさせるべきではない (John Mueller on Twitter) 海外情報

グーグルのジョン・ミューラー氏にツイッターのフォロワーが次のように質問した。

検索結果が0件のサイト内検索結果ページが返すべき、正しいHTTPレスポンスコードは何ですか? noindexタグとともに200を返すようにしているのですが、Search Consoleでソフト404の警告が数千件もレポートされています。

ミューラー氏はこう回答した。

それで問題ない。そうしたURLをソフト404として認識しているグーグルのシステムは予測できるものだ。サイトのほかの部分には影響しないだろう。

念のために説明しておくと、「ソフト404」とは、「コンテンツがない」のに、HTTPレスポンスコードが404になっていない状態を示す用語だ。

人間がブラウザで見ると「あ、ここに情報はないんだな」とわかるが、検索エンジンのロボットにはそうとは判断しづらい状況だ。SEO的には致命的ではないが、可能ならば避けたいところだ。

インデックスされるべきページがソフト404になっているのは問題だが、ソフト404それ自体が悪影響を及ぼすことは、通常はない。もちろん、ソフト404がないに越したことはないのだが、さほど気にすることはないだろう。

だが、この質問には根本的なところで注意すべき点がある。

それは、「サイト内検索の結果は、そもそも検索エンジンにインデックスさせるべきではない」という点だ。

サイト内検索の結果ページは結果が0件であろうが、10件であろうが、100件であろうがクロール、インデックスの対象とすべきではない。検索結果を羅列しただけのページは、グーグル検索を利用するユーザーの検索体験を損ねる(検索結果からやってきたのに、また検索結果を見せられるから)。

それに、類似したページを大量公開すると、重複するコンテンツがスパムに分類されるおそれもあるようだ。

サイト内検索結果ページは、検索エンジンにクロールもインデックスもさせない――これが原則だと考えておくほうがいいだろう。

ちなみに、元の質問は「noindexを指定しているのに警告が飛んでくる」というものだが、こうなる原因はよくわからない。わかるのは、だからといってrobots.txtでのクロール禁止などはするべきではないというぐらいだ。

★★★★☆
  • ホントにSEOを極めたい人だけ
次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ローカルナビゲーション
サイト内のコーナーごとのナビゲーション。 サイト全体で共通して表示されるグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]