インタラクティブマーケティング統計データ by ユニメディア

流入元別コンバージョン指標 2011年4月

定常レポートとあわせ、スマートフォンとフィーチャーフォンのアクセス割合について2011年2月~4月データで探る
よろしければこちらもご覧ください

ユニメディアのマーケティングツール導入企業の各種KPIを統計データ化し、マーケティング担当者が業界水準のCVRとして参考とするためのレポートをお届けする。

インタラクティブマーケティング統計データ
目次

スマートフォン経由のセッションを調査

4月のレポートは趣向を変え、月次のデータに加えて、今年に入り非常に多くお問い合わせをいただくスマートフォンの状況についてのデータを開示いたします。モバイルアクセス/CVのなかで、スマートフォンとフィーチャーフォンがどのような割合になっているのか、2011年2月から4月までのデータからあわせて探っていきます。

それでは、スマートフォンとフィーチャーフォンのアクセスの前に、まずは4月度の統計データを見ていきましょう。

アクティブユーザーを示す基本指標

UUあたりPV3.39
セッションあたりPV2.35

流入元ごとの効果を示す指標

流入比率直帰率CV比率流入別CVR
SEO28.19%65.40%4.01%0.23%
クチコミ1.07%77.99%1.42%2.14%
PR0.68%59.51%0.16%0.38%
リスティング10.20%70.21%1.50%0.24%
アフィリエイト4.69%90.35%0.33%0.11%
純広告0.32%85.20%0.52%0.27%
その他54.85%74.40%92.06%2.70%
全体-71.93%-平均1.61%

全体コンバージョン率

ランディングページからのCVR1.61%
エントリーフォームからのCVR52.27%

SEM経由のコンバージョン比率

リスティングSEO
単一ワードCV数比率74.49%76.62%
複合ワードCV数比率25.51%23.38%

SEM経由の単一/複合ワード別コンバージョン率

リスティングSEO
全ワードCVR0.18%0.26%
単一ワード流入を母数としたCVR0.24%0.43%
複合ワード流入を母数としたCVR0.07%0.11%

CGMからのクチコミ流入を示す指標

CGM
CGMからの流入比率0.88%
CGMからのCV比率2.57%
CGMからのCVR1.47%

SEOのロングテール対応状況を示す指標

SEOにおけるランディングページ数782.33
SEOにおけるランディングページがトップの割合16.24%

エントリーフォームの流入元別コンバージョン率

SEO44.55%
クチコミ52.54%
PR50.00%
リスティング42.29%
アフィリエイト23.53%
純広告56.06%
その他56.00%
セッションCVCVR
Yahoo!43.79%33.30%0.23%
Google46.82%64.43%0.40%
Bing3.89%2.01%0.26%
その他検索エンジン5.50%0.27%0.01%
合計値/平均値100.00%100.00%0.28%

主要リスティング別コンバージョン率

セッションCVCVR
Yahoo!リスティング広告44.12%43.66%0.33%
Google AdWords55.88%56.34%0.48%
二社合計値/平均値100.00%100.00%0.36%

モバイルサイトアクセスに占めるスマートフォン比率は30%超

2010年は「スマートフォン元年」と呼ばれ、主要各紙でも数百件に上る記事が執筆されたと言われています。2011年5月のdocomoおよびKDDIからの夏モデル発表などで、各キャリアともスマートフォンへ注力していくことが明示化されていることは注目に値します。

しかし、都市部では電車内でスマートフォンを操作する人々を見ることも当たり前になった一方、地方へ行くとほとんど見かけることがないという声もあり、果たしてモバイルデバイス全体ではどの程度アクティブユーザーが存在するのか、気になるところです。実際の動向として、直近3か月のデータを見ると、セッションベースではすでに30%前後のアクセスをスマートフォンが占めており、もはや無視できる数字ではありません。

スマートフォン/フィーチャーフォン構成比・CVRデータ

スマートフォン総合フィーチャーフォン総合全体
2011年2月セッション比率28.55%71.45%-
セッションあたりCVR0.81%3.67%2.41%
2011年3月セッション比率30.61%69.39%-
セッションあたりCVR1.41%3.26%2.42%
2011年4月セッション比率29.19%70.81%-
セッションあたりCVR1.32%1.82%1.65%
図12
スマートフォンとフィーチャーフォンのセッション比率

一方、CVRはフィーチャフォンに比べると、スマートフォンは著しく低い数字になっており、スマートフォンユーザーは積極的にアクセスしているものの、CVに至らない何らかの理由があるのではないか、と予想されます。1つの視点として、まだまだスマートフォン専用サイトがなく、スマートフォンデバイスアクセス時にはPCサイトを表示するケースが多く、使い勝手の悪さから相当数が直帰している、ということが考えられます。

しかし、もしここで企業サイトがマルチデバイス対応していれば、UUあたりのPVやCVRを一層高めることが可能になるでしょう。企業サイト側でCVしたユーザーのセグメントも取っていれば、コンテンツやプロダクトレベルでよりきめ細かくユーザーニーズを拾う施策ができることになります。

今回のデータからもその状況は割合早く訪れることが示唆されていると見なせば、より早い段階で対応していくことが利用者拡大・収益向上につながると考えて間違いないでしょう。迷われている方も、今後スマートフォン対応しない、という選択肢はないはずですので、機会損失を抑えることがベストではないでしょうか。

調査概要

ユニメディアのマーケティングツール「UMAP」導入企業をサンプリング、企業の各種KPIを統計データ化して業界水準のCVRを数値化した

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]