CGM とは 意味/解説/説明 (シージーエム) 【Consumer Generated Media、消費者生成メディア】

読み方

シージーエム

略語/フルスペル/訳語

Consumer Generated Media、消費者生成メディア

同義語

主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。既存のマスメディアなどの、プロがコンテンツを作るメディアと対比して使われる。

掲示板をはじめ、口コミサイト、SNS、ブログなどの総称として使われる場合もある。プロの書き手や制作者によってサイトが形成されていくのではなく、一般の消費者が参加することで内容が作り上げられていくことで、さまざまな生きた情報を手に入れることができる。

用語「CGM」が使われている記事の一覧

全 411 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

SEOで効く! 検索エンジンが順位を決定する57個の要因 日米SEOプロ60人のグーグル&ヤフー対応版

キーワード使用の要因 - グーグル&ヤフーのSEO 57要因 日米プロの重要度&コメント付き

Web担編集部 2008/05/27 10:00 (351)

[特集] SEOで効く! 検索エンジンが順位を決定する57個の要因

日米のSEOプロ60人が重要度を評価&コメント

Google & Yahoo! JAPANに完全対応の2008年保存版

SEOするなら手放せない、SEOmozの「検索エンジンが順位を決定する53の要因」。あの大人気記事に日本のSEOプロがYahoo! JAPAN向け評価を加えた日本のSEO要因リストが完成!

カテゴリごとにお届けするスペシャル版、まずは「キーワード使用の要因」の11項目だ。

「titleタグ内でのキーワード使用」「本文でのキーワード使用」など、特定のページの順位を決める際の、ユーザーの検索キーワードの利用に関連する要因の重要度とコメントをじっくりとご覧あれ!

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

SEO基礎用語集[完全版]

Moz(旧SEOmoz) 2007/08/24 9:00 (348)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

SEO業界は、聞き慣れない言葉であふれている。まだ経験の浅いSEO担当者に、完全版用語集を贈ろう。

その数なんと140個! 各用語を完璧に解説しているわけではないが、あなたの手元に置いておくと、必ず役に立つときがくるだろう。

上田修子 2007/04/09 7:59 (100)

Products Showcase:ライバル会社に差をつけるネットビジネス必携プロダクト
クチコミ促進も囲い込み戦略もお任せ! 企業向けSNS構築サービス

このコーナーでは、ネットビジネスを強力に支援する製品について、それを支える技術や市場動向を説明し、さらに各社から提供されている製品を紹介する。今回は、mixiやグリーのようなSNSサービスを、自社でも独自に提供できる「SNS構築サービス」だ。

池田紀行+タカヒロノリヒコ 2006/12/15 8:00 (27)(106)

Web 2.0がクチコミの舞台を連れてきた
Web 2.0的クチコミ日米最前線

Web 2.0の流れが生み出した
クチコミマーケティングの必然性 

Web 2.0時代。そこでは、普通の人が普通にブログを書き、購入した商品に関する話を書く。そして、その情報は検索エンジンを通じて簡単に得られる。情報が流れる仕組みは変わった。では、マーケティングはどう変わるべきなのだろうか。

テレビとネットの近未来カンファレンス
「ネット動画はCMの世界をどう変えるのか?」レポート
〜CGAの「C」はコンシューマ or クリエイター? 「A」はアド or アート?〜

KNN(KandaNewsNetwork,Inc.)の神田敏晶氏がコーディネータを務める「テレビとネットの近未来カンファレンス」。第13回となる今回のテーマは、「CGA(Consumer-Generated Ad)」。ユーザー参加型のネット動画サイトなどを活用し、消費者自身や一般クリエイターが企業CMを制作・公開するという潮流だ。“消費者自身がCMを手掛ける”背景とは何か、そしてそれらは今、どのような動きを見せているのか。2008年10月9日に開催された、CGAの可能性を探るカンファレンスをレポートする。

柏木恵子 2008/04/30 10:00 (22)

注目企業のネットビジネス戦略
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は、ブログの書き手・読み手・企業という3者の接点を生み出すための組織として2007年2月に設立された、パートナーブログを媒体とした広告代理店。設立から1周年を迎え、2008年2月末現在で、AMNパートナーブログは合計55ブログ、月間ページビュー数は1000万を超える。

ビジネスの情報源として有益なブログのみをネットワークして構成したメディアに、企業にとってより効果的なマーケティングキャンペーンを展開する広告代理店であるとともに、ネットワーク化することによりブロガーへ新たな収益源を提供し、ブログの質向上に寄与することを目指している。その理念と1年間の歩みについて、代表取締役の坂和 敏氏と取締役の徳力 基彦氏に伺った。

鈴木 謙一 9/8 7:00 (68)(49)(23)

あなたのサイトは、グーグルでMFI(モバイル ファースト インデックス)が導入されても問題ないだろうか? 安心して「大丈夫」と答えるための、4つのチェック項目を、グーグルのゲイリーが教えてくれた。

鈴木 謙一 2016/08/05 7:00 (102)(46)

「AMPはトップニュース枠だけだから関係ない」――それが昔話になりつつある。そう、通常の検索結果にもAMPの波が来ているのだ。

柏木恵子 2008/02/08 10:00 (39)
注目企業のネットビジネス戦略
KLab株式会社

KLabは、携帯電話関連の研究開発型企業として2000年に設立された。「技術でつくるモバイルの未来」と謳っていることからもわかるように、モバイル向けのさまざまなサービスモジュールを自社開発し、それらを組み合わせた受託開発とともに、汎用性の高いサービスを提供している。

その他、自社提供サービスとしてコンシューマ向けのエンターテインメント系サイトも運営し、金融系プラットフォームも展開するなど、携帯サイト関連のビジネスにおいて大きく成功している会社だ。代表取締役社長 CEOの真田哲弥氏に、携帯ビジネスの動向や企業サイトの携帯対応についてのポイントなどを伺った。

柏木恵子 2008/08/27 10:00 (30)
注目企業のネットビジネス戦略
株式会社モディファイ

2008年1月4日に設立されたモディファイは、CEO兼クリエイティブディレクターである小川浩氏の着想により開発した、オンデマンドRSSデータベース「MODIPHIエンジン」と、それを利用する各種アプリケーション群「MODIPHI APPS」を、ウェブサービスとして提供している。5月に正式サービス化したMODIPHI APPSをはじめ、次世代のウェブを牽引するテクノロジーを活用した同社のサービスについて伺った。

Web担編集部 2007/06/15 9:00

注目企業のネットビジネス戦略
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジーは、ネットワーク構築や業務アプリケーション開発なども手がけるシステムインテグレータだ。ECサイトやウェブマーケティング関連事業については、製品自体の開発は行っていないが、さまざまな製品を組み合わせビジネスソリューションへと昇華させて提供しているのが特徴となっている。その事業の特色や今後の展開について、CMS(コンテンツ管理システム)やウェブシステムの開発、コンサルティングなどを担当するシステムインテグレーション事業担当執行役員ソリューション事業部 インテグレーション本部 本部長の佐藤光浩氏と、ECサイトの構築や運用担当するシステムマネジメントサービス事業担当執行役員ソリューション事業部 システムマネジメントサービス本部 本部長の本間孝秀氏のお2人に伺った。

Web 2.0がクチコミを連れてきた!

欧米の成功事例に学ぶクチコミの基本パターン3

Web 2.0がクチコミの舞台を連れてきた
Web 2.0的クチコミ日米最前線

欧米の成功事例に学ぶクチコミの基本パターン3

ネット通販利用者の31.4%が、商品購入時にクチコミ情報を最も参考にしている。Eストアーが2005年12月に発表した調査結果だ。つい15年前は、情報はマスメディアから得るしかなかった。しかし今や、普通の人が日々書くブログの記事がウェブ上に蓄積され、検索エンジンで「普通の人の声」を簡単に探せる時代だ。あなたは、Web 2.0が連れてきたクチコミの可能性をつかもうと手を伸ばしますか? それとも指をくわえて見ていますか?

柏木恵子 2007/05/18 8:47 (21)

注目企業のネットビジネス戦略
株式会社カカクコム
安田 幹広 取締役CTO

読者の中にも利用者が多くいるであろう、価格比較サイト「価格.com」。業界の中では老舗サイトだが、昨今マーケティングの手法として話題になっているクチコミを、いち早く取り入れたサイトでもある。「ユーザー本位の購買支援」として古くからサービスを提供し続ける同社は、1998年からクチコミ掲示板の開設や店舗側による価格入力の実施など、早くからWeb 2.0的なサイト運営をしてきた。同社取締役CTOの安田幹広氏に価格.comの将来像を語ってもらうとともに、クチコミの見せ方や活用法、オープンネットワーク化に向けたAPIの公開など、新しい試みについて伺った。

Web担編集部 2006/10/04 21:27

「猫も杓子もWeb 2.0」と騒いでいるネット業界だが、そこに確固とした共通認識があるのだろうか。そこで、ネット業界で活躍する人々を対象にWeb 2.0に関するアンケートを行った。結果は、想像以上にバラエティに富んだ回答が寄せられ、それぞれの“俺流Web 2.0”が大炸裂。あなたなりのWeb 2.0を考える参考にしてほしい。

Web担編集部 2007/04/03 8:00 (38)

[フィードビジネス・サミット開催直前 特別対談]
フィードを“発信”させる新事業「modiphi」 小川浩の新たな挑戦

2006年末にフィードパス株式会社を退社し、その動向が注目されていた小川浩氏。休眠中と思われていたこれまでの3か月の間も小川氏は積極的な活動を行っており、新たにサンブリッジのEIR(Entrepreneur In Residence)という立場でフィードの新事業を立ち上げようとしている。日本ではまだ聞きなれないEIRとはどのような制度なのか、今後のフィードはどのように活用されていくのか、「Web担当者Forum」編集長の安田が聞いた。

河野 武 2007/06/05 8:00 (48)

Products Showcase:ライバル会社に差をつけるネットビジネス必携プロダクト
ブロガープロモーションサービス利用ガイド
正しい使い方は? 選び方は?

今回は、ブログ記事として自社製品を広告してもらうための「ブロガープロモーションサービス」だ。

このコーナーでは、ネットビジネスを強力に支援する製品やサービスについて、それを支える技術や市場動向を説明し、さらに各社から提供されている製品を紹介する。競合ひしめく市場で、他社に差を付けるための武器として、ぜひ導入を検討してみてほしい。

柏木恵子 2007/10/22 8:00 (67)

注目企業のネットビジネス戦略
社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会

日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会(Web Advertising Bureau)は、1999年4月に社団法人日本広告主協会(現:日本アドバタイザーズ協会)ディジタルメディア委員会内の研究会を母体として発足した業界団体で、今や285社の会員社数を誇る大きな組織となっている。業界の枠を超えて、Web広告・マーケティングに取り組むすべてのプレイヤーによる研究活動を行う実践の場として、インターネットの諸問題について「関係者すべてに門戸を開き」「オープンでフェア(公正)なスタンスで検討を行い」「成果を等しく共有する」を理念に活動している。その活動の内容や自社の仕事への役立て方について、Web広告研究会代表幹事である、味の素株式会社の棗田眞次郎氏にお話を伺った。

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社

企業とユーザー誰もがハッピーなサイトを構築/デジパ株式会社

吉村 正春 2008/03/03 8:00 (31)

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社
デジパ株式会社

これほど情報発信能力に長けたウェブサイト制作会社は類を見ないのではないだろうか。事業化まで果たした自社サービス群に、充実した社員ブログをいくつも抱え、まさにマルチな活躍を見せるのがデジパである。そのナレッジは、手がける案件にフィードバックされ、理想的な好循環の螺旋を描いている。今回は、クリエイティブ事業部 マネージャーの加藤 善規氏にデジパのユニークなサービス展開の源泉となっている考え方について聞いた。

瀧口範子 2007/01/18 8:00 (25)

ジミー・ウェールズ(Jimmy Wales
世界最大級のCGM「ウィキペディア」の仕掛け人

共同作業ツール「ウィキ」(Wiki)を利用してつくられた、インターネット上の百科事典「ウィキペディア」(Wikipedia)は、英語ですでに142万項目以上の語句が掲載され、ドイツ語、フランス語、日本語、中国語など約150か国語のバージョンがある。内容をユーザーが自由に作成/編集できるため、その正確性に疑問を持たれることもあるが、多くの人々の貢献によって成長を続けている。
ユーザー参加型システムの成功例として語られることも多いウィキペディアについて、その可能性や課題、コミュニティの活動などを、創設者であるジミー・ウェールズ氏に聞いた。

ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

受験生やその保護者をはじめ、絶大なる認知をもつZ会。しかし、いまの若い人たちにとってZ会といえば「Z会ブログ」というほど、オンラインでの存在感を増しています。DMやTVCMといった従来のマーケティング手法から、ブログをはじめとするCGMの積極活用で、受験生に圧倒的に強いブランドを保持し続けているZ会のオンラインでの取り組みについて、お話を聞きました。

Twitterを顧客との親近感・信頼感を醸成するためのコミュニケーションツールとして捉え、10個のアカウントを運用するドクターシーラボのTwitter運用の現場について伺った。

於保 真一朗 2015/01/29 7:00 (310)(56)(23)

デジタルマーケティング推進のために組織変革を実現した国内3企業がどのような組織形態にしたのかの例を示し、さらに、CMOや経営層がどのようにあるべきかなどについて解説する。

マーケティング全体を、顧客の変化に対応した形で進めるには、リアルとデジタルを融合させたオムニチャネルでのカスタマーエクスペリエンスを設計していく必要がある。しかし、組織の構造や経営層の意識が旧来のままでは、そのプランを実行に移すことは難しい。大切なのは、組織の変革と、その推進役としてのCMOなのだ。

Web担編集部 2007/04/06 7:59

Future Now, Inc.
ジョン・クワルト-ヴァン・ティベイダー
講演レポート&インタビュー

お客志向のウェブマーケティング改善術

米国のコンサルティング会社Future Now,Inc.は、宝飾卸業者のコンバージョン率を0.86%から54.1%にまで向上させた実績で注目を集めている。その立役者となったのが、同社のカリスマコンサルタントであるジョン・ティベイダー氏だ。
そのティベイダー氏が2006年11月9日、デジタルフォレスト主催のイベント「第2回 WebマーケティングROI Day」において、「お客様志向のWebマーケティング品質改善」と題した講演を行った。驚異的なコンバージョン率の向上を実現したその秘訣とは何か、講演の内容とともに同氏への特別インタビューと併せてお届けする。

国内企業のネット利用は大きな伸びを見せている。だがその多くはBtoC企業であり、残念ながらネットを本格的に活用しているBtoB企業の姿は多いとはいえない。

しかし、BtoB企業の特徴は、実は極めてウェブとの親和性が高い。そこで本連載では、BtoBメーカーにおけるウェブ活用の可能性を考えてみる。

いしたにまさき 2009/07/16 10:00 (43)

「いしたにまさきのブロガーウォッチング」

ブログ界のタモリこと「みたいもん!」のいしたにまさき氏がお届けする、企業のWeb担当者のためのブログ入門「ブロガーウォッチング」。第14回はビデオブロガーの先駆者、「webdog」のジェット☆ダイスケさんに、Web動画とテレビの違いや、長く続けるコツなどについて伺いました。

吉村 正春 2007/06/18 9:00

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社
株式会社ファンサイドAG

ファンサイドAGは、SEOを中心としたSEMサービスを提供するファンサイドと、ウェブや紙の制作、デザイン・編集を行うエイ・アンド・ジーが2006年4月に合併して誕生した会社だ。SEOを中心とするウェブマーケティングと、ウェブと紙の両方をこなす制作業務、両輪でクライアントのビジネスを支援している。広告代理店と制作会社、どちらとも違う立場からウェブマーケティングのコンサルティングを行う同社ではどのような事業を展開しているのだろうか。

鈴木 謙一 2016/08/19 7:00 (50)(34)

SEOで「クロールバジェット」という言葉を聞いたことがあるだろう。クロールバジェットとは何か、SEOにどう関係するのか、わかりやすく解説する。

加藤さこ 2007/04/05 7:59

失敗しないためのCMS導入事例
佐賀新聞

佐賀新聞では、CMSを導入することで、紙面に載せる前の記事も速報としてネットに流す体制を整えた。それに加えて、地域情報としてUGCをも取り込まんと、SNSと新聞サイトの統合を成し遂げた

Web担編集部 2014/11/10 8:00 (133)(30)

「オンラインビデオの時代が来る」――10年近く言われ続けてきたが、ようやくその時代が本当に来るのではないだろうか。そうした勢いを感じられるセミナーをデジタルインテリジェンスが開催し、同社の横山隆治氏などオンラインビデオに携わる著名講師陣がコンテンツマーケティングや広告、そして、その効果について講演した。その様子をレポートする。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

インターネットの初期から注目を集めているコンテンツの1つが、不動産情報。「イエラボ」「みんなの住まい」「イエはてな」など、いち早くユーザーとのコミュニティサイトを開設するなどして注目を集めている三井不動産レジデンシャルは、ネットだからといって短期的な費用対効果ではなく、長期的な視点での施策を実施している。その考え方や哲学とは?

鈴木 謙一 2013/09/27 9:00 (73)(50)(21)

1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー、今週のトップストーリーは、モバイルサイトに対してスマホユーザーが感じる「よろしくない点」の調査データの話題。ほかにも、「グーグル社員とチャットでSEOの相談」や「リッチスニペットのためのschema.org完全攻略ガイド」などもお届けする。

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社

適切な予算感で提案するクリエイティブと成功への道――コントロールプラス

吉村 正春 2007/01/29 8:00

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社
第2回 コントロールプラス株式会社

代表取締役社長の村田マリ氏は、大学卒業後サイバーエージェントに入社し、6事業の新規立ち上げに携わった後独立、2005年3月に同社を設立した。制作会社として着実に実績を積んでいる同社は、同時にクチコミ情報サイト「デート通.jp」を運営している。制作会社がメディアを持つことの意味とは何か、制作にはどのように還元されるだろうか。同社躍進の原動力となったものを余すところなく伺った。

吉村 正春 2007/11/19 8:00 (24)

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社
株式会社コンテンツ

コンテンツは、同社が手がけた採用サイトで「2007日本BtoB広告賞」に入賞し、かつキャンペーンサイトでも「東京インタラクティブ・アド・アワード」に入賞するなどの実績を持つ。採用サイトとキャンペーンサイトという性質の違うサイトでそれぞれ受賞歴を持つ制作会社はほとんど例を見ないが、どのようなサイトを制作するにしろ、確固たるポリシーが存在するのだろう。そのポリシーを支える仕事の進め方や考え方は気になるところだ。

同社の制作事業は、作るサイトの性質によって2つのチームに分かれている。「インタラクティブプロモーションBU」では、広告・キャンペーン、プロモーションといった表現力重視のサイトを手がけ、「ウェブインテグレーションBU」では、コーポレートサイト・IRサイトのような、ユーザビリティやアクセシビリティなどをきっちり押さえた、いわばウェブサイトの王道ともいうべきサイトを手がける。2つのチームが同社の社内でどのように動いているのだろうか。そして、各種の賞を受賞した背景にある同社のポリシーとは。

株式会社ユニメディア 2012/05/24 8:00 (114)(67)(26)

今回のレポートでは、PCサイトにおけるスマートフォン利用動向について、2011年10月~2012年3月までの半年間の検索流入データ推移をまとめ、傾向に変化が見えたかを探っていきます。

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の四 中小企業の商売用ホームページ成功のキーマンは社長

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

青山 祐輔 2009/11/06 9:00 (58)

9月に日本で初開催されたad:techの講演のために、米フォレスター・リサーチのアイデアデベロップメント担当 シニアバイスプレジデントのジョシュ・バーノフ氏が来日した。Twitterやブログなどを活用した、ソーシャルメディア戦略に取り組む企業が増えている今、企業はソーシャルメディアとどのように対面すべきか。ソーシャルテクノロジーに関するベストセラー書籍『グランズウェル』の著者でもある同氏に伺った。

かわちれい子のウェブマスターのお仕事
大和ハウス工業ウェブマスター 大島 茂氏

B2C企業にとってPC向けサイトも携帯向けサイトも効果を出せる重要なものだ。しかしB2Cだとはいえ、一生に1回の買い物となる住宅をウェブサイトからワンクリックで買う人はいない。

住宅を総合的に扱う大和ハウス工業は、1995年からウェブサイトをもっている。現在は総合宣伝部が運営を担当している大和ハウス工業のサイトはどのような目的をもって、そしてどのような体制で運営されているのだろうか。

Web広告研究会 2013/04/05 8:00 (208)(49)(22)

LINEやTwitter、Facebookなど、多くのソーシャルメディアを活用してさまざまなプロモーションを仕掛け、話題を集めているローソン。同社ソーシャルメディアへの対応やO2O施策などが語られた。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

ユーザーはテレビCMも見ている/動画共有サイトに関する調査

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社ボーダーズと共同調査のもと、動画共有サイトに関する調査を行った。

その結果、90%以上のユーザーがYouTubeを利用しており、また、動画共有サイトの利用期間が長ければ長いほど利用頻度が高くなる傾向があることがわかった。

また、視聴ジャンルで最も多いのは「日本のテレビ番組」が最も多く60.8%だが、意外に「日本のテレビCM」も多く見られており、18.6%が企業のテレビCMを動画共有サイトで見ていることがわかった。

JWDA通信 10年後のWEB業界でも役立つ情報を届ける

10年後を生き抜くWeb業界の心得10か条

JWDA会長 中川直樹 2011/05/11 9:00 (722)(344)(218)

Web制作の領域は、もはやWebブラウザのなかだけではありません。新たなステージへパラダイムシフトするWeb業界において心得ておくべき10か条を、Web制作者のみなさんにお伝えします。

ヤフーは10月22日、イベント「インタレストマッチフォーラム」を開催した。同社が9月にスタートした興味関心連動型広告「インタレストマッチ」をテーマとしたもので、ジャーナリストの佐々木 俊尚 氏による基調講演や、ヤフーの井上社長によるセッションなど、濃い1日となった。

すでに大量のインプレッションを確保し、スポンサードサーチを越える広告プラットフォームになりつつあるインタレストマッチの世界が詳しく紹介されたこのイベントの様子をレポートしよう。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

ユーザーのクチコミ情報を中心に構成されているサイトも随分増えてきました。その代表的なサービスの1つが、今回お話を伺ったフォートラベル。

インターネットでユーザー参加型のメディアを運営することは、メディア運営はもちろん、サービスの運用という視点もとても重要です。特にこの数年のインターネットユーザーの増加と同時に、フォートラベルでもユーザー数はもちろん、クチコミによる情報量も飛躍的に増加しています。その急成長の中、Web 2.0の注目企業として、多くのメディアに注目をされているフォートラベルのPR活動についてお話を伺いました。

株式会社ユニメディア 2012/04/11 9:00 (164)(71)(28)

2月の統計データでは、スマートフォンユーザーの検索行動の違いを検索入力キーワードの単一/複合の違いから探りました。また、サジェスト(検索候補)機能の利用有無による違いも調査しました。

Web広告研究会 2014/05/07 9:00 (636)(166)(76)

ビッグデータが注目される一方で、マーケティングにおけるデータ活用は遅れており、勘や経験に頼った施策が行われている。こうした課題を解決するため、Web広告研究会の2014年2月度月例セミナーでは、BigData研究委員会が実施した、外部データや分析手法を用いたデータドリブン・マーケティングの実践例が示された。

Web担編集部 2007/08/29 8:00 (54)

CGMを利用した情報収集・発信活動が拡大
ウェブサイトの信用性が問われる時代に

CGMがWeb 2.0時代の代表的メディアとなって久しいが、その登場とともにインターネットの情報発信・収集のありかたは大きく変化してきた。企業サイトやマスメディアが発信する情報に加え、CGMというメディアが一般化したことで、ユーザーのインターネット上の情報に対する姿勢も変化しつつある。

ウェブサイトの信用性が問われる時代に突入しているのだ。そこで、2007年6月に発行された『インターネット白書2007』の最新調査から、個人利用者がどのようにインターネットを活用しているのか、その動向を探ってみたい。

消費者間の「クチコミ」の影響力の高まりを受け、企業のマーケティング活動やCRM戦略も変革を迫られている。AIDMA、AISAS、SIPSなど、マーケティング環境の変遷を説明する。

Web担編集部 2008/09/01 13:00

第6回受賞者発表! 今年のWeb人大賞は?
Webクリエーション・アウォード
プロジェクトリーダー森下氏インタビュー

Web広告研究会が主催する「Webクリエーション・アウォード」は、今年で第6回を迎えるアワードイベントだ。

すでに受賞者リストが発表され、9月16日に開かれる贈賞式で各賞が発表される、この「Webクリエーション・アウォード」について、プロジェクトを率いる森下 尚子 氏に伺った。

インタラクティブマーケティング統計データ by ユニメディア

流入元別コンバージョン指標 2011年7月

7月の統計データでは、ユーザー消費動向の変化を探るために、各CVRを直近3か月間(2011年4月~6月)のCVR平均値と比較しました。回復傾向が見られますが、流入元ごとに異なる傾向を示しています。

企業ホームページ運営の心得

最適なコンテンツが何かは顧客台帳に聞くべし

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

其の弐 最適なコンテンツが何かは顧客台帳に聞くべし

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

“ケータイ2.0”サービスが台頭するケータイコンテンツビジネスに迫る

インターネットメディア総合研究所 2007/05/25 11:58 (119)

『CGM市場動向分析2006』ハイライト

2006年は4月にワンセグ放送、10月に番号ポータビリティ(MNP)が開始されるなど、制度上でも市場再編につながる動きがあり、ケータイ業界にとって大きな転機の年となった。こうしたなか、ケータイコンテンツにおいては、通信速度の高速化、端末機能の向上、着うたフルやデコメールに代表されるリッチコンテンツの普及、検索エンジンの搭載など、従来、通信事業者による囲い込みからオープン化へとビジネスモデルが大きく変わろうとしている。

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]