国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

これは外道! 詐欺的な悪徳SEO業者の3つの事例 など10+4記事(海外&国内SEO情報)

これはヒドい! SEOで上位を狙う企業をカモにする、悪質な詐欺SEO会社の事例

ページ

今週のピックアップ

これは外道! 詐欺的な悪徳SEO業者の3つの事例
★★★★☆ 自分の身は自分で守るべし (ビジネスジャーナル)

「ブラック企業アナリスト」でもある新田 龍氏の記事。各事例はキャッチフレーズとイニシャル表記になっているが……。

悪質なSEO業者の実態を3例、わかりやすく説明しながら問題を指摘した記事。読んでいるだけで血圧が上がってしまいそうなSEOがらみの事例として、

  • 効果が見られなかったため解約を申し出たら逆に違約金を請求された
  • 裁判にまで発展したが結局敗訴した
  • 契約上のサービスを提供してもらえなかった

といったものが、それぞれ経緯やポイントを押さえながら書かれている。

少し前にも悪徳SEO業者による詐欺まがい事件をピックアップしたばかりだ。SEO企業やSEOコンサルタントがすべてこんなふうではなく、問題を起こしているのは一部であることは間違いない。しかし、こういう事例を聞くとやはり悲しくなるし、憤りを感じる。

SEOに限らずどんな業界にも悪質な業者は必ず存在する。被害にあわないようにする最善の方法は自衛だろう。正しいSEOの知識を持ち合わせていれば事例のようなトラブルには巻き込まれなかったかもしれないし、巻き込まれたとしても損失を最小限に抑えることができたに違いない。

日本語で読めるSEO/SEM情報

ビッグキーワードで上位表示しているnanapiのSEOの秘密
★★★★★ 根底にあるのは役立つコンテンツと正しいSEO (nanapi社長日記)

nanapiは、そのコンテンツの有益性もさることながらSEOで大きな成功を収めていることでも注目を浴びている。そのnanapiがどのようなSEOを施策してきたかを、nanapiの代表である「けんすう」こと古川健介氏が個人ブログで語っている。

今回、紹介してくれたSEOは以下の4項目だ。

  1. 徹底的な構造化
  2. 表示場面に応じたタイトルの最適化
  3. 各テーマの説明文の作成
  4. 1ページあたりの記事表示件数の増量

まずユーザーの役に立つ有益なコンテンツがあり、そのうえで正しいSEOを実行していけば確かな成果を収めることができるという、すばらしい見本だと言えよう。

コンテンツをまともに作ることもせず人工リンクのようにガイドラインに違反したリスクの高い手法に頼る必要などないのだ。非常に参考になるので絶対に読んでほしい。

またnanapiのSEOをコンサルティングした辻正浩氏のツイートも併せて紹介しておく。

グーグル推奨のスマホ向け構成はレスポンシブ、ではタブレット向けは?
★★★★☆ 基本はデスクトップと同等に扱う (グーグル ウェブマスター向け公式ブログ)

タブレット端末向けサイトの最適化についてグーグルが公式ブログで説明した。といっても、スマートフォン向けサイトにはレスポンシブ・ウェブデザインを推奨していたのと違い、タブレット向けサイト構成としてグーグルが推奨するものは特別にはないそうだ。

そのうえで、主に次の2つをアドバイスしている。

  • タブレット向けに最適化されたコンテンツを提供している場合を除き、スマートフォン版のサイトではなくPC版のサイトを表示させる。

  • ユーザー エージェントに「Mobile」が含まれていない Android端末はすべてタブレット(あるいはその他の大きな画面を持つ) 端末なのでPC 版サイトで対応する。

詳細は公式アナウンスを参照していただきたい。

検索エンジンの仕組みをあなたは理解していますか?
★★★★☆ SEOする前に検索エンジンの動きを知っておこう (SEOとその周辺 )

検索エンジンの基本的な仕組みを解説している

検索エンジンの裏側は、どのような仕組みで動いているのか? クロールから始まり、インデックス、検索結果表示までの検索エンジンの一連の処理を解説した記事。実際にはもっと複雑なフローが介在するとしても、基本としてこれだけ知っておくと、SEOを考えるにあたっても物事が整理されてわかりやすいだろう。というよりも、これくらいは知っておかなければならない。

検索エンジンのベースとなる動きを理解しておくことで、トラブルが起こったときでも自分の力だけで解決できることが増えてくるだろうし、反対に理解不足から生じる設定ミスは確実に減るだろう。それにどうでもいいようなくだらない質問に捕らわれることも少なくなるはずだ。

グーグル検索の新UIが日本にも導入
★★★☆☆ Google+で公式アナウンスあり (Google Japan on Google+)

米グーグル(google.com)が検索結果ページのデザインを変更したことを前回お伝えした。すべての言語・地域にも導入予定とのことであったがさっそく日本のグーグル(google.co.jp)にも採用された。

グーグル検索の新しいUI
カテゴリや検索ツールが検索結果の上部に移動し、検索結果の左側が空いているデザインのUI

この記事を書いている時点では公式ブログでのアナウンスはまだ出ていないが、グーグルジャパンの公式Google+アカウントが発表している。

おそらくほぼすべてのユーザーにもう行き渡っているはずだ。新しい検索ユーザーインターフェイスの使い心地はいかがであろうか?

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

SEOの今後のあり方と日本語ドメインに関する記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]