Web解析のためのKPI大全

新規訪問者収入率・リピート訪問者収入率

新規訪問者収入率・リピート訪問者収入率

新規訪問者とリピート訪問者それぞれの収入率は、コンバージョンが「いつ」起こるのかを知るという意味で重要な指標である。

  • 定義

    新規訪問者とリピート訪問者に分けて、収入を計測できるアクセス解析ツールを使っていれば、計算は至ってシンプルである。

    {新規訪問者からの}÷{総収入}={新規訪問者収入率}

    {リピート訪問者からの収入}÷{総収入}={リピート訪問者収入率}

    商品の購入が収入源であれば、これと同様の方法で、新規購入者収入率とリピート購入者収入率を計測するのもよい。

    {新規購入者からの収入}÷{総収入}={新規購入者収入率}

    {リピート購入者からの収入}÷{総収入}={リピート購入者収入率}

    ただこの場合、「新規購入者」というのは、おそらく過去にサイトを訪問したことがあるが、購入したことはなかった訪問者である。ここで言う「新規購入者」と「リピート購入者」は、それぞれ「初めての購入者」と「2回め以降の購入者」と考えることができる。

  • 表現形式

    このKPIの示すところは自明である。

  • 想定される結果

    一般的に、多くのオンラインビジネスの収入のほとんどは、リピート訪問者からもたらされる。同じことがリピート購入者からも言えるかどうかは、最初に買った人に次にまた買わせることができるかどうかであり、これは商品ラインナップの組み合わせと初回購入時にとった対応品質の関数だ。というわけで、購入者満足度を測定しているならば、購入者満足度分布というKPIと併せて報告すると良い。

  • 行動

    多くのサイトで、これらの値はほぼ安定しており、年間を通じて数パーセント程度しか変動しない。購入者や訪問者を満足させるだけの仕事をしているという前提に立てば、有意な変動が現れたら、即座に原因を探るべきである。収入のうち新規訪問者や新規購入者の割合が急増していたら、リピート訪問者・リピート購入者からのオーダーが落ちていることを疑うべきだろう。リピート訪問者率リピート購入率と同様に、変化があったときは、原因の決定的要因である隠れたデータを発見しよう。

次のページへ
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]