マーケティング成果向上のためのデータ活用レベルを上げる分析と実践のポイント

Web解析エバンジェリスト 木田和廣登壇!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

マーケティング成果創出のため、データ活用レベルを上げていくことがあらゆる企業に求められています。 データをどのようにインプット、蓄積、分析し、最適解へ導いていくのか。そしてどのように多種多様な顧客の興味・関心と結びつけ、顧客体験価値の提供、顧客とのエンゲージメント創出につなげていくのか。
本セミナーでは、株式会社プリンシプル副社長であり、Web解析エバンジェリストとして活躍する木田 和廣によるデータマネジメントについての具体的な講演に加え、メンバーズがこれまでに取り組んできたデータ分析、それをどのようにマーケティング成果向上につなげてきたのかを事例を交えてご紹介いたします。

▼概要
●日時:2018年2月28日(水)15:00~17:00(14:30受付開始)
●定員:70名・無料(主催企業と同業の方はご遠慮ください)
●対象:企業のマーケティング、広告宣伝、経営企画等のご担当者さま
●共催:株式会社メンバーズ・株式会社プリンシプル
●会場:虎ノ門琴平タワー3F大会議室(東京都港区虎ノ門1-2-8)

▼詳細・お申込はこちら
https://marke.members.co.jp/20180228.html

▼アジェンダ
●ご挨拶 15:00~15:10
株式会社メンバーズ 常務執行役員 浅見 浄治

●第1部 15:10~16:10
「DMPマーケティングを成功させるGAカスタマイズとセグメント抽出」
株式会社プリンシプル 副社長/チーフ・エバンジェリスト 木田 和廣
データマネジメントプラットフォーム(DMP)はマーケターの気になるキーワードの1つではないかと思います。しかし、
A. 導入にはマーケティングの知識だけでなく、マーケター自身に多少の技術知識も必要なこと
B. 実現のためにはシステム関連部署等の協力が必要となること
C. 導入前にはROIがシミュレートしずらいこと
などから、関心や成果が出る期待はあるが、現実には着手できていないという企業も多いように思います。
今回は、そうした企業のマーケターに向けて、DMP構築までの全体像を解説。概念論に終らせず、「どのようなデータが実際にDMPに格納されるのか(されるべきか)」についても具体的に示しながらお話いたします。

*アウトライン
1.DMPについてのおさらい
 a.DMPとは
 b.CRM面からのDMP
 c.新規顧客獲得面からのDMP
 d.技術面からのDMP
2.GoogleアナリティクスログをDMPに取り込む意味と必要となるカスタマイズ
 a.GAのデータはDMPの肝
 b.標準的なデータの限界とカスタマイズの必要性
 c.カスタマイズしたデータの例
3.複数データソースの統合とクラスタの作成
 a.複数データソースの結合
 b.クラスタとは
 c.クラスタ作成デモ(Tableauを利用します)
4.まとめ

●第2部 16:10~16:40
「4つの事例からみるデータを主軸にしたPDCA運用」
株式会社メンバーズ データドリブンマーケティング室 シニアプロデューサー 福島 信
分析⇒仮説⇒実施⇒分析サイクルでPDCAを回す上で、ポイントとなる部分を事例をもとに解説します。 
内部施策に基づいた施策結果を参考に、どうデータを活用してユーザーを分類していくか、それをまたどう次の施策に活用するか、マーケティング成果を向上させるための要点をご紹介します。 

●質疑応答・アンケート記入・名刺交換 16:40~17:00

▼講師紹介
浅見 浄治
株式会社メンバーズ 常務執行役員
家電量販店のイーコマース企画室長、営業企画部長などを経験し、2002年メンバーズ入社。
入社後は大手メーカー、流通、金融等様々な企業のWebサイト開発や、インターネット広告のプロデューシングに従事。その後、基幹事業であるエンゲージメント・マーケティング・センターの統括責任者を歴任しながら、ソーシャルメディア事業やWeb動画制作子会社の立ち上げを推進。現在は常務執行役員としてデータ関連事業やUXデザイン事業の統括を担当。

木田 和廣
株式会社プリンシプル 副社長/チーフ・エバンジェリスト 
1989年早稲田大学政治経済学部卒業。2004年からWeb解析業界でのキャリアをスタートし、Googleアナリティクスを元にしたWeb解析コンサルタントとして活躍。2013年には株式会社プリンシプルのGoogleアナリティクス認定パートナー(GACP)資格取得を主導し、同社は日本で13社目の認定企業となる。

主な実績は以下の通り。
◆Web解析業界最大の団体であるアナリティクスアソシエーションでの講演履歴多数
 http://a2i.jp/activity/lecturer/#kida
◆a2i10周年記念サイトにおける高評価セミナー歴代2位
 http://a2i.jp/special/10th/
◆2009年4月からGoogleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)を継続保有
◆2015年1月、Googleアナリティクス公式ヘルプフォーラムで初の「トップレベルユーザー」として認定される
◆2015年3月、インプレス社より「できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240」を上梓
◆2016年9月、インプレス社より日本語初のTableau入門書「できる100の新法則 Tableau タブロー ビジュアル Web 分析」を上梓
◆2018年11月、インプレス社より「できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ260」を上梓

福島 信
株式会社メンバーズ データドリブンマーケティング室 シニアプロデューサー
1997年大手広告代理店入社。同年ネットメディアレップ出向。インターネット広告創世記から営業、企画、メディア対応、広告商品開発等に従事。日本で最も早くDoubleClickアドサーバー運用にも関わる。
2011年よりネット広告レップ企業の中国支社立ち上げ、拠点長を歴任。
日本、中国におけるネットマーケティングから広告メディアまで、トータルマーケティングプロデュースを経験。
2017年メンバーズ入社後は、分析、MA、レコメンド運用等のデータを軸にしたマーケティングプロデュース全般を担当している。

▼詳細・お申込はこちら
https://marke.members.co.jp/20180228.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]