ソーシャルPLUS、過去1年間のソーシャルログイン利用状況を発表!

過去1年間で最も多く利用されたのはYahoo!ログイン。モバイルではLINEログインがトップに
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、ソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」を導入したサイトにおいて、過去1年間(2017年2月~2018年1月)のソーシャルログイン利用回数が1100万回、利用ユーザー数が370万人を突破したことをお知らせいたします。
また今回、「ソーシャルPLUS」導入サイトにおいて、Facebook・Twitter・LINE・Yahoo! JAPAN・Google+の5種類のアカウントを対象にしたソーシャルログイン利用状況調査の結果を発表いたします。

過去1年間で最もソーシャルログインに利用されたアカウントはYahoo! JAPANが32.5%でトップ!ソーシャルログインを利用するデバイスの割合はモバイルが8割を占める。


(図表1)

今回、ソーシャルPLUSを利用してFacebook・Twitter・LINE・Yahoo! JAPAN・Google+のいずれかのソーシャルログインを実装している全サイトを対象に、過去1年間(2017年2月~2018年1月)のソーシャルログインの利用状況を調査した結果、ソーシャルログインを利用したユーザーのうち、Yahoo! JAPANのアカウントを利用する割合が32.5%でトップとなりました。続いてLINEが27.1%、Facebookが20.3%、Twitterが11.9%、Google+が8.2%となっています(図表1)。

ソーシャルログインの中でもLINEログインは後発であり、実装サイト数も比較的少ない状況である一方、LINEログインを利用するユーザーの割合はYahoo! JAPANに次いで2番目に多く、2016年調査時の11.2%*1 という結果と比較して2.4倍まで増加しました。LINEログインは今後も、実装サイト数と共に利用ユーザー数はさらに増加していくことが予想されます。


(図表2)

また、ソーシャルログインを利用するデバイスの割合では、モバイルが82.6%、PCが17.4%という結果になりました(図表2)。

ソーシャルログインをモバイルで利用する割合は、2016年調査時の70.4%という結果*2 と比較して、今回の調査結果では12.2ポイント増加しています。モバイルシフトに伴い、ソーシャルログインがモバイルで利用される機会はますます広がっています。

*1,2:ソーシャルPLUSを導入しているサイトのソーシャルログイン利用状況調査。2016年10月実施。

PCではYahoo!ログインを利用する割合が半分以上。モバイルではLINEログインの利用割合が32.2%でトップに。


(図表3)


(図表4)

ソーシャルログインで利用するアカウントの割合をデバイス別に見ると、PCにおいてはYahoo! JAPANのアカウントを利用する割合が52.1%と半分以上を占めています(図表3)。
一方モバイルにおいては、LINEログインが32.2%で最も利用されており、続いてYahoo!ログインが28.3%という結果となりました。PCとモバイルでは、ソーシャルログインで利用されるアカウントの傾向は大きく異なることがわかりました(図表4)。

直近2ヶ月間で、5種類のソーシャルログインをすべて実装しているサイトにおいて最も多く利用されたのはLINEログイン。

2017年以降、ソーシャルログインの中では後発であるLINEログインのニーズが高まってきています。そこで今回は最新のトレンドとして、LINEを含むFacebook・Twitter・Yahoo! JAPAN・Google+の5種類のソーシャルログインをすべて実装しているサイトのみを対象に、直近2ヶ月間(2017年12月~2018年1月)のソーシャルログインの利用状況を調査いたしました。

(図表5)

調査の結果、ソーシャルログインで利用するアカウントの割合は、LINEが52.3%で半分以上を占めており、続いてYahoo! JAPANが24.3%、Facebookが10.6%、Google+が6.9%、Twitterが5.9%となりました(図表5)。

LINEは国内の月間アクティブユーザー数が7300万人を超えており*3 、ユーザーがソーシャルログインを利用する際においても、LINEログインを利用する機会が増えてきています。

また、ユーザーがLINEログインを利用すると、ユーザーの会員IDとLINEアカウントのID連携ができ、同時に企業のLINEアカウントを友だち追加することができます。これにより、個別の会員向けにLINEでプッシュメッセージの配信が可能になるため、LINEログインは企業にとっての導入ニーズが高まっており、様々なサイトでの実装が進むと共に多くのユーザーに利用されています。

*3:LINE アカウント 2018年4-6月期 媒体資料より

【調査概要】
・ソーシャルPLUSを導入している全サイトを対象に、2017年2月~2018年1月の期間でソーシャルログインを利用された回数と利用ユーザー数をもとに調査を実施。

ソーシャルログイン利用状況調査結果をまとめたPDF資料を公開中

今回の調査に伴い、ソーシャルログインの利用状況調査の結果の要点をまとめた無料のPDF資料をご用意いたしました。

最新のソーシャルログイン利用状況やトレンドをキャッチアップする上でお役に立つ内容となっており、下記フォームより無料でダウンロードいただけます。
・ソーシャルログイン利用状況トレンド 2018 PDF資料ダウンロード
https://socialplus.jp/download/form_11

「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるASPサービスです。LINEやFacebook、Twitterなど、複数のプラットフォームに対応しています。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプション機能は、企業のLINEアカウントと連動するLINEログインをはじめ、自動友だち追加機能やMessaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。
・「ソーシャルPLUS」公式サイト:https://socialplus.jp/

 

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/ 

<本件に関するお問い合わせ先> 

株式会社フィードフォース 
担当:深谷、金井
Tel:03-5846-7016(受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)
FAX:03-3834-7666  
URL:https://www.feedforce.jp/
Email:pr@feedforce.jp

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]