LINEで会員証を導入するための3つの方法【Feedmatic Blog】

LINEアプリから手軽に表示できる会員証やポイントカード。LINEでデジタル会員証を導入する3つの方法とは?
よろしければこちらもご覧ください

ECサイトや実店舗を運営する企業において、ポイントカードや会員カード施策を実施されているケースは多いかと思います。

会員カード施策の本来の目的は、ユーザーとの関係性構築、リピート促進、ロイヤルカスタマーの識別、ユーザー満足度の向上等があげられるかと思いますが、スマホの利用が一般化するにつれて、従来のポイントカードではこれらの目的を十分に果たすことができなくなりつつあります。

今回、Feedmatic Blogでは、LINEでデジタル会員証を導入する3つの方法、その特徴や導入方法を事例を交えてご紹介しています。

[Feedmatic Blog]LINEで会員証を導入するための3つの方法(事例あり)~ECサイトと実店舗を統合したポイントカード施策
https://blog.feedmatic.net/201911_about-line-pointcard/

▼記事の一部をご紹介▼

LINEを活用した会員証とは?

LINEを活用したデジタル会員証とは、LINEアプリから手軽に表示できる会員証やポイントカードのことです。

ユーザーはお店やサービスごとに個別のアプリをダウンロードしなくても、LINE上で会員証を手軽に提示し、サービスを利用することが出来るようになります。いつも利用しているLINEアプリに様々なショップの会員証を集約して管理できるため、紙の会員証を持ち歩く必要がなくなります。
また、発行する際に必要な会員登録申込書への記入をすることなく、スマホで数タップするだけで新規会員登録できるため、企業・ユーザー双方の手間やコストを大幅に軽減することができます。

2019年11月現在、LINEでデジタル会員証を導入する方法として、用途や利用対象企業、開発の有無によって、ショップカード(LINE提供機能)・マイカード(LINE提供機能)・LINEログインを活用したデジタル会員証(要開発)の3つの方法があります。

 

 

目次をご紹介

  • LINEを活用したデジタル会員証とは?
    • ショップカード
    • マイカード
    • LINEログインを活用したデジタル会員証(要開発)
  • LINEログインを活用したデジタル会員証のメリット
    • 自社サイトの会員登録やID連携を促進することができる
    • LINEのID連携でオンラインとオフラインの会員情報を統合管理
    • ユーザー属性にあわせたコミュニケーションでユーザー体験を向上
  • LINEのデジタル会員証事例
    • BEAMS公式サイト
    • ロクシタンジャポン

[Feedmatic Blog]LINEで会員証を導入するための3つの方法(事例あり)~ECサイトと実店舗を統合したポイントカード施策
https://blog.feedmatic.net/201911_about-line-pointcard/

Feedmatic Blogとは

Feedmatic Blogとは、株式会社フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログ」です。

変化の激しいデジタルマーケティングの世界で様々な手法を模索中のマーケターに向けて、日々有益な情報を発信しています。

Feedmatic Blog:https://blog.feedmatic.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス