常時SSL非対応サイトは「危険なサイト表示」。無料で簡単に常時SSL対応する方法

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

私のコラム最新号が鈴与シンワートで公開されました。

「常時SSL非対応サイトは「危険なサイト表示」。無料で簡単に常時SSL対応する方法」

###
今回は「常時SSL非対応サイトは「危険なサイト表示」。無料で簡単に常時SSL対応する方法」というタイトルで書いてみたいと思います。

少し前の常識では個人情報をやり取りする箇所だけSSL対応すればよいという話でした。
今はもう違います。

全てのページをSSL化する常時SSLが重要になっています。
そうなった背景はGoogleが常時SSLを推奨しているからです。

かなり前から、Googleは常時SSLにしないと、Web閲覧者に「このサイトは危険なサイトですよ」と表示することを予告していました。

それが今回、本当にやってきた感じがあります。

具体的には2018年7月にリリースされる Chrome 68から実装される機能になります。

これが実装されると、非常時SSLサイトが開かれたときからブラウザ上に「保護されていない通信」ラベルを常時表示するようになります。

詳しくわからない人は「危険な感じ」がしてしまい、そのうちにそのサイトから足が遠のくことでしょう。

これは推測ですが、そのうちに非常時SSLサイトは検索順位が落とされ、さらにブラウザ上に表示する際に「危険なサイトですが閲覧しますか?」というボタンが表示され、自己責任で閲覧する人だけが閲覧できるようになるはずです。
Googleは資本主義圏の検索市場を牛耳っているので、やりたいことが何でもできます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column37/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]