グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第32回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート1)

よろしければこちらもご覧ください

CTC教育サービスはコラム「 グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第32回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート1)」を公開しました。

###

はじめに
 今回からは、2015年に公開された論文「Large-scale cluster management at Google with Borg」をもとにして、Googleのクラスター管理システム「Borg」を紹介します。論文にも記載があるように、サーチエンジンやGmailなどのエンドユーザー向けアプリケーションに始まり、Bigtableなどのミドルウェア、そして、数秒から数日間にわたる様々な長さのバッチジョブと言った、広範なワークロードがBorgの上で実行されており、Googleのデータセンターにおけるアプリケーション実行基盤の標準環境とも言えるシステムです。今回は、主に、利用者から見たBorgの機能や特徴を紹介します。

利用者から見たBorgのメリット
 先ほどの論文の冒頭では、Borgが提供するメリットとして、次の3つがあげられています。

•リソース管理と障害復旧の仕組みの詳細をアプリケーション開発者に対して隠蔽する。
•信頼性・可用性の高い実行基盤を提供する。
•数万台規模のサーバーに対して、効率的にワークロードを配置する。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai232.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]