グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第33回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート2)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「 グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第33回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート2)」を公開しました。

###

はじめに
 前回に引き続き、2015年に公開された論文「Large-scale cluster management at Google with Borg」をもとにして、Googleのクラスター管理システム「Borg」を紹介します。今回は、Borgのアーキテクチャーの概要、そして、1万台規模のサーバーにタスクを配置するスケジューラーに関する説明を行います。

Borgのアーキテクチャー
 Borgのシステム構成の概要は、前回の図1に示した通りです。Borgのセルを構成する各サーバーには、「Borglet」と呼ばれるエージェントが配置されており、「BorgMaster」と呼ばれるマスターサーバーで集中管理を行います。ただし、大量のサーバーを管理するために、さまざまな実装上の工夫がなされています。たとえば、BorgMasterは、冗長化のために複数のサーバーにアクティブ・スタンバイ構成で配置されますが、リードオンリーのAPIアクセスについては、スタンバイ側でも処理を受け付けます。また、新しいジョブをAPIで受け付けた際は、そのジョブから起動するべきタスクをタスクキューに登録しておき、その後の処理は、別のプロセスとして稼働するスケジューラーに移譲します。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai233.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス解析
関連語 の「アクセスカウンタ」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]