グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第34回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート3)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第34回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート3) 」を公開しました。

###

はじめに
 前回に引き続き、2015年に公開された論文「Large-scale cluster management at Google with Borg」をもとにして、Googleのクラスター管理システム「Borg」を紹介します。今回は、Borgの利用効率に関するいつくかの統計データ、そして、複数のワークロードを共通のクラスター(セル)で効率的に並列実行するために必要となる、リソース分割の機能について説明します。

Borgにおけるサーバーの利用効率
 前回の記事でも触れたように、サーバーの利用効率を高めること、すなわち、より少数のサーバーでより多くのタスクを実行することが、タスクスケジューリングの1つの目標となります。Googleの社内で利用されるBorgの環境では、前回説明したタスクスケジューラーの機能だけではなく、次のような利用方法を採用することで、利用効率をさらに高めることに成功しています。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai234.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]