AWSのネットワーク-Elastic IP アドレス(EIP)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「AWSのネットワーク-Elastic IP アドレス(EIP) 」を公開しました。
こんにちは、デCTC教育サービスはコラム「AWSのネットワーク-Elastic IP アドレス(EIP) 」を公開しました。ジタルサポート大喜多です。 前回はAWSのネットワーク-VPC(Virtual Private Cloud)についてご説明致しました。その中でEIPという用語を使ったのですが、今回はそのEIPの話をしたいと思います。EIPとVPCはクラウドの代表格であるAWSの特徴的な機能の1つですので、これを機に理解を深めていただければと思います。

EIPとは
 Amazon EC2インスタンスは、作成された時点でプライベートIPアドレスとパブリックIPアドレスの両方を持っています。プライベートIPアドレスは指定したVPCサブネットの中から割り当てられインスタンスに固定されます(インスタンス上のOS上で設定されているように見えるアドレスがこちらです)。パブリックIPアドレスはAWSのパブリックIPアドレスプールから割り当てられ、プライベートIPアドレスにNATされます。このアドレスプールから自動的に割り当てられたパブリックアドレスはEC2インスタンスに固定化されず変化することがあり、またEC2インスタンスをTerminateすると再利用することもできません。ISP(インターネットサービスプロバイダ)の動的IPアドレス接続と同じイメージです。EIPはEC2インスタンスのための固定パブリックIPアドレスです。

EIPの使い方
 EIPに関する操作はManagement Console上から行えます。
 1) EC2 DashBoard→Elastic IPs→Allocate New AddressでEIPを新規作成
 2) Associate AddressでEIPをEC2インスタンス(のENI)に紐付けすることができます。
以上でEC2インスタンスのパブリックIPアドレスがEIPに固定化されました。また
 3) Disassociate AddressでEIPをEC2インスタンス(のENI)に紐付けを解除できます。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/okita/okita08.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SaaS
クラウドを介して提供されるソフトウェアサービスのこと。 従来一般的だったパ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]