wordpressで投稿・固定ページごとのdescriptionとkeywordsの設定枠をプラグインなしで設置する方法

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「 wordpressで投稿・固定ページごとのdescriptionとkeywordsの設定枠をプラグインなしで設置する方法」を公開しました。
wordpressでページごとの description,keywords のメタ情報を設定する場合、「All in One SEO Pack」などのプラグインを使えば簡単にできますが、できればプラグインは使いたくない。今回はカスタムフィールを利用して、プラグインなしでページ ごとのdescription と keywords の設定枠を設置する方法です。

■やりたいこと
・各投稿・固定ページにdescriptionとkeywordsを設定する
・プラグインは使わない
・descriptionは本文からの抜粋ではなく、オリジナルで設定する
→ 全ページで入力することになるので、更新があまりないコーポレートサイトやページ数の少ないサイト向けかもしれません。

■カスタムフィールドとは?
カスタムフィールドとは、WordPressの投稿画面に任意の情報(メタデータ)を追加する機能のことです。カスタムフィールドを利用することで、アイ デア次第ではWebサイトを色々拡張できます。メタデータは「名前」と、その「値」の組み合わせからなっていて、「名前」はメタデータ要素の名称、「値」 はその要素に対応する情報を指します。一般的には、固定された「名前」に対し、記事によって異なる「値」を記入します。
» カスタムフィールドの使い方

■ソース
functions.phpに下記を追記
かわたまさん

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/4617/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]