WordPressのプラグインについて改めて考えてみた

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「WordPressのプラグインについて改めて考えてみた」を公開しました。

###

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今回ご紹介するのは先月公開したばかりのKUSANAGI導入事例、Think株式会社による「わたしのネット」です。同サイトではKUSANAGIマネージドプランを採用されており、Webの高速化だけでなく、24×365、安定したWebサイトの稼働を実現しています。

同サイトではサイトが抱える課題がいくつかありましたが、その中の一つに放置されたプラグインがありました。これまでプラグインについてそこまで触れた記憶がなかったので、今回はプラグインについて改めて考えてみました。

■サイトが遅くなっていた原因

「わたしのネット」は、WordPressで運用されており、コンテンツが充実するにつれて速度の遅さを感じるようになったと言います。また、手を入れる人が複数いたことから、ソースコード自体がカオスな状態で、不要なプラグインも残ったままになってしまっていたようです。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]