「個性」や「オリジナリティ」というものは、泥臭く粘り強いものである。

「個性」や「オリジナリティ」というものは、泥臭く粘り強いものである。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「オリジナリティ」や「あなたらしさ」を大切にしなさいと言われますね。仕事でも同じです。誰でもできる仕事を他の人と同じようにやっているよりも、あなたらしさやあなたしかできない個性やオリジナリティを発揮する方が仕事は楽しいし、そのオリジナリティが価値になることもあるからです。

しかし、この言葉は意味を取り違えると「自分の好きなようにしていい」ということになりかねません。社会人経験を何年か積んでいる人であれば、お客さんにとって価値のあるオリジナリティや自分らしさを発揮しろというように、捉えることが出来ますが、新人はそうはいきません。そうか!好きにやっていいんだ!となり、常識外れなことをやらかしてしまう人が出てくるでしょう。常識外れでもよいのですが、それがお客さんや同僚に迷惑でしかなかったらそれは困ったものです。

そこで今回は、「オリジナリティ」や「個性」といったことについて考え、「好き勝手」との違いについて明確にしていきたいと思います。

続きはこちらから「「個性」や「オリジナリティ」というものは、泥臭く粘り強いものである。」

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]