差異を生み出す「計画的陳腐化」というマーケティング戦略

差異を生み出す「計画的陳腐化」というマーケティング戦略
よろしければこちらもご覧ください

新しいiPhoneが発売されると、列をなして購入しようとする光景はもはや珍しくありません。熱狂的なファンの中には数日前から店舗に並んで購入しようとする人がいるもので、毎回そんな光景がニュースになる。こうやって熱狂的なファンがいることをニュースにしてもらうことでアップルのブランド力は向上していくわけです。アップルの凄さは、熱狂的ファンを作り、それをメディアが取り上げ、それが拡散しアップルというブランドを作り上げられる仕組みが存在することにあると個人的には思っています。

とはいえ、今回はブランドの話ではありません。今回の話は、アップルが定期的に新製品を発表する意味についてです。ご存知の通り、アップルは毎回iPhone8、iPhone10とバージョンアップしていきます。その光景は既に日本人にとって普通の出来事になってしまいました。一つのイベントのようなものです。それにしても、なぜアップルがこのようにバージョンアップ製品を発売していくのでしょうか?ご存知の方も多いと思いますが、今回は「そういえば何でだろう?」と感じる人のために一緒に考えていければと思っています。

続きはこちらから「差異を生み出す「計画的陳腐化」というマーケティング戦略」

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]