「努力する人」は会社で生き残れない。

「努力する人」は会社で生き残れない。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

会社員には3つのパターンの人があると言われています。

  1. 怠け者だけども目標を達成する人
  2. 頑張り屋で目標を達成する人
  3. 頑張り屋で目標を達成できない人

の3パターンです。
この会社員のパターンの中で、会社にとって最も必要とされない人材は、どのタイプの人でしょうか?答えは、(3)の「頑張り屋で目標を達成できない人」です。
その理由は、会社は利益を出し続けなければ存続ができないからです。単なる努力が許されるのは、会社の利益を他の人が代わりに出している間だけです。会社の利益が無くなってくれば、一番最初に排除されるのは「目標を達成できない人」であることは間違いありません。

とはいっても、「どんなに努力しても成果が出ない」という人が多いのも事実でしょう。そのような人はどうすれば良いのでしょうか?一体何が間違っているのか考えてみましょう。

続きはこちらから「「努力する人」は会社で生き残れない。」

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]