デジタルマーケティング戦略情報メディア「DIGIDAY[日本版]」で 超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI for AWS」が本格稼働

短期間で高速なWordPress環境を実現し、アクセス集中時のパフォーマンスが解消!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
この記事はユーザー記事として投稿されたものですが、優れた内容ですので通常記事に格上げされました。

プライム・ストラテジー株式会社はWordPress実行時間3ミリ秒台、秒間1000リクエストをページキャッシュ非使用で実現する世界最高速クラスのWordPress実行環境「KUSANAGI(くさなぎ)」)のAWS対応版「KUSANAGI for AWS」がKUSANAGIフルマネージドサービスにてデジタルマーケティング情報戦略メディア「DIGIDAY[日本版]」で本格稼働したことを発表しました。

■DIGIDAY[日本版]サイトの課題
・集中的なアクセスに対応できるインフラ環境が必要。
・開発期間が短く限られている。
・開発対象が外国製かつ他社制作のWordPressテンプレートであるため理解できる開発業者が必要。

■「KUSANAGIフルマネージドフルサービス(マネージドホスティング)採用効果
・短期間で非常に高速なWordPress環境が実現できた。
・アクセス集中時のパフォーマンス低下が問題なく解消された。
・ローンチ後もきめ細かなチューニングが施され、新しい技術を取り込むスピードも速い。

■株式会社メディアジーンシステムエンジニア 宮本 巧 様のコメント
「スケジュールが短期間だったので、一番実績があるところにお願いしようという話になり、プライム・ストラテジーにご依頼しました。6月後半にご依頼をして、8月初旬から開発、9月1日にリリースをするスケジュールでした。しかし、開発期間の前半は他の業務に作業を割かなければならなくなり、8月中旬から共同作業で一気に構築したプロジェクト運営となりました。
KUSANAGIを利用することでパフォーマンスを最大限に引き出せました。ローンチ後もチューニング等をしていただき、キュレーションサイトや広告出稿からのアクセス集中に対しても問題なく対応できています。
アクセス集中によるサーバーパフォーマンスの低下もほとんどなく、140万までPVを伸ばすことが出来ました。WordPressテンプレート自体に、負荷等の懸念点もありましたが特に問題なく運用できております。」

■DIGIDAY[日本版]サイト構成について
DIGIDAY[日本版]のサービスはフロントにnginx、php-fpm、DBにMariaDB Galera Serverを採用しています。また、2台のインスタンスで構成し、Elastic Load Balancingで負荷分散を行い、Availability Zoneを分けることで可用性を高めています。

KUSANAGI for AWS
https://kusanagi.tokyo/cloud/kusanagi-for-aws/

■本事例の詳細は以下をご覧ください。
https://kusanagi-hosting.com/case/digiday/

■超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」について
「KUSANAGI」(※1)はプライム・ストラテジーが仮想マシンイメージとして、開発、オープンソースライセンスにて無償提供する世界最速クラスのWordPress実行環境です。ページキャッシュ非使用時においても、4vCPU最大性能時、WordPress実行時間3ミリ秒台、1秒あたりの同時リクエスト数1,000超を、ページキャッシュ利用時においては、4vCPU最大性能時、1秒あたりの同時リクエスト数6万超を実現いたします。

※1「KUSANAGI」に関する詳細は、以下URLをご覧ください。
https://kusanagi.tokyo/

■「KUSANAGIフルマネージドサービス」(※2)とは
「KUSANAGIフルマネージドサービス」とはハードウェアやミドルウェアなどの運用環境だけではなく、テーマやプラグインのソースコード修正、 SQL の最適化、データベース構造の見直しなど徹底したチューニングを実施。継続的なパフォーマンス改善の施策から保守運用までをワンパッケージで提供するWordPressに特化したマネージドホスティングサービスです。

※2「KUSANAGIフルマネージドサービス」に関する詳細及びお問い合わせは、以下URLをご覧ください。
https://kusanagi-hosting.com/

■「KUSANAGI for AWS」(※3)サーバ/ミドルウェア構成

・WordPress 最新版(KUSANAGI 専用プラグイン同梱)
・CentOS 7
・Nginx 1.9
・Apache 2.4
・HHVM 3.12
・PHP 7.0(php-fpm, Cli)
・PHP 5.6(php-fpm, Cli)
・MariaDB Galera Server 10.0

※3「KUSANAGI for AWS」に関する詳細は、以下URLをご覧ください。
https://kusanagi.tokyo/cloud/kusanagi-for-aws/

■「KUSANAGI」開発ポリシー
世界中のWebサイトの5台に1台はWordPressが稼働する時代になりました。大変多くのユーザーがWordPressを活用し、そのメリットを享受されています。一方でWordPressに対して大規模サイトでの利用を望む声が高まりました。そのご要望に応えるべく、世界最高速クラスWordPress実行環境「KUSANAGI」は生まれました。「KUSANAGI」は常にWordPressを使う人に対して、運用環境の改善と利便性の向上を提供するべく、最新の有効技術やソリューションに対応し、WordPressのメリットを超高速環境で享受できるよう開発を続けていきます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]