WordPressのプラグインの怖さと選び方

よろしければこちらもご覧ください

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「WordPressのプラグインの怖さと選び方」を公開しました。

###

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。マーケティングアウトソーシングを生業にしています。大手企業からベンチャー企業まで幅広く広報やイベント企画、Webマーケティングを請け負っています。 仕事柄、 Webサイトをお客様と共同で運営することがあります。その経験で感じたことを書きます。 さて、ショッキングなニュースが入ってきました。 
【重要】人気のあるWordPressプラグインが、Twitterアカウントのハイジャックを許すアクセストークンをリークしていた

プラグインがTwitterの乗っ取りを手助けするような感じの記事です。プラグインは便利ですが怖さもあります。今日は、そんなプラグインの話をします。少しでも参考になる方がいれば幸いです。 
WordPressは便利ですけど、プラグイン入れ放題のお客様も
弊社のお客様の大半はWordPressを使用しています。国内CMSシェアでもWordPressが80%を超えているので、CMSとなればWordPressになる時代です。WordPressの便利さはプラグインとテーマの豊富さだと私は思っていいます。テーマとプラグインを合わせて4万本以上もあるというのですから、さすがWordPressという感じです。たまにお目にかかるのですが、WordPressにプラグインが100個も200個も入っているようなサイトがあります。さすがに多すぎでちょっと怖いです。そのようなお客様は長年使い続け、プラグインを追加し続けてこのようになったのだと思うのですが、どのプラグインがどう使われているかもすべて把握できていない感じでした。このコラムを読まれている方で同じような方がいれば、はっきり申し上げます。一度リセットする意味でもリニューアルしたほうがいいです。 

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2680

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]