衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

訪問者の企業名を突き止める! ドメイン名絞り込みでユーザーの訪問意図を探る方法(無料カスタムレポートのプレゼントあり)[第41回]

ドメイン名から企業ユーザーを絞り込み、訪問意図までを分析するカスタムレポートの作り方を解説する。

ページ

よろしければこちらもご覧ください

※筆者特製の便利なカスタムレポートをあなたのGoogleアナリティクスに自動作成するリンクはこの記事後半の「おまけ:カスタムレポートのプレゼント」から。

前回、Googleアナリティクスの地域データがそれほど精度が高くないという話をした。今回は、使い方によっては地域データよりも活用できる「企業ユーザーの訪問を分析する方法」をご紹介したいと思う。企業ユーザーというのは、特定の企業が利用している固定IPアドレス(co.jp)からのアクセスを指す。

まずはサービスプロバイダ名を調べてみよう

図1:[ユーザー]>[ユーザーの環境]>[ネットワーク]メニュー
図1:[ユーザー]>[ユーザーの環境]>[ネットワーク]メニュー

企業ユーザー分析の第一歩は、「ネットワーク」レポートだ。元データは、「地域」レポートと同じくIPアドレスが利用されていると思う。

操作手順
  1. グローバルナビゲーションの[レポート]をクリックする
  2. 画面の左側にあるメニューで、[ユーザー]をクリックする
  3. メニューが開くので、[ユーザーの環境]をクリックし、[ネットワーク]をクリックする

このレポートは、Webサイトへの訪問者が、どのサービスプロバイダ経由で訪問しているのかという情報になる(図2)。

図2:[ユーザー]>[ユーザーの環境]>[ネットワーク]レポート下部
図2:[ユーザー]>[ユーザーの環境]>[ネットワーク]レポート下部

しかし、このレポートのサービスプロバイダ名(図2赤枠部分)を見ても、事業者名のような名前がアルファベットで並んでいて、今ひとつピンと来ない。事業者名ではなく、できれば、ドメイン名を知りたいところだ。

ドメイン名を表示させてみる

図3:[セカンダリディメンション]で[ドメイン]をクリックする
図3:[セカンダリディメンション]で[ドメイン]をクリックする

そこで、このレポート画面で、[セカンダリ ディメンション]から[ドメイン]を選択してみよう。

操作手順
  1. [セカンダリ ディメンション](図3赤枠部分)をクリックする
  2. [ユーザーの環境]をクリックする
  3. メニューが開くので、[ドメイン](図3青枠部分)をクリックする

すると、レポートに「ドメイン」が表示され、「サービスプロバイダ」と「ドメイン」の関係というか内訳が見えてくる。

図4:[セカンダリディメンション]で[ドメイン]を選択して表示された画面
図4:[セカンダリディメンション]で[ドメイン]を選択して表示された画面

たとえば、図2では、「サービス プロバイダ」の「ucom corp.」は1,240訪問あったが、図4を見るとそのドメインの内訳のほとんどが「ucom.ne.jp」である(図4赤枠部分)ことがわかる。もちろん、これとは逆に、1つのサービスプロバイダに多数のドメインが含まれているようなケースもある。

「サービスプロバイダ」表示よりも、「ドメイン」表示の方が、どのプロバイダ経由でアクセスしているユーザーなのかイメージが付きやすいのではないだろうか。これもおそらく、サイトを閲覧したユーザーのIPアドレスから、どのプロバイダを利用しているユーザーなのかがわかる仕組みだろう。

事業者向けサービスのWebサイトには利用価値の高いデータ

一般消費者向けのサービスや事業を扱うWebサイトの場合、ほとんどのユーザーは一般的なインターネットサービスプロバイダ経由で閲覧していると思うし、利用しているサービスプロバイダごとに、大きな利用特性の違いがある場合は少ないことが多いので、活用しにくいデータだ。

しかし、事業者向けのサービスを行っている会社のWebサイトであれば、この情報はうまく活用できる可能性が高い。なぜなら、サイトの利用者は、特定の企業が利用している固定のIPアドレス帯からアクセスしている場合もあるからだ。

この場合は、どの会社からサイトが見られているかがわかる。訪問者数が少なくても、

  • 競合他社から見に来ているのか?
  • 顧客になりそうな会社からのアクセスなのか?
  • 見込み顧客の関心は何か?

といったことを知る手掛かりを得ることができるだろう。

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。 → Google アナリティクス ゼミナール

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス