衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

「ヒット/セッション/ユーザー」のGoogleアナリティクスでの区分を理解する(前半)(第90回)

「ヒット/セッション/ユーザー」の3つの区分の違いをわかりやすく説明する

先日あるセミナーでGoogleアナリティクスについて説明していたとき、ある設定の画面に表示された「ヒット」「セッション」「ユーザー」という用語について、この3つの明確な仕様みたいなものを説明してほしいと言われたが、短い時間でうまく答えることができなかった。

結論から言えば、おおまかには、「ヒット」は「ページ」のことで、「セッション」は「訪問」のこと、「ユーザー」はそのまま「ユーザー」だ(詳しくは後述)。

今回は、この「ヒット」「セッション」「ユーザー」の3つの区分の違いをわかりやすく説明してみたい。

「ヒット」「セッション」「ユーザー」はどこで使われているのか?

「ヒット/セッション/ユーザー」の区分なんて見たことないという方もいると思うので、実際のレポートを使って、どこに表示されるのかを見てみよう。

新しいセグメントを作成する画面の
「ヒット」「セッション」「ユーザー」

まずは、新しいセグメントを作成する画面を見てみよう。

操作手順
  1. どのレポートでもいいので、レポート左上にある矢印(図1赤枠部分)をクリック
  2. 表示された設定画面で[+新しいセグメントを作成]ボタンをクリック
  3. 「eコマース」の分類(図1青枠部分)を選択(「eコマーストラッキング」の設定を「オン」にしておかないと、「eコマース」の分類は表示されない)
  4. 「収益」の右横にあるプルダウンをクリックする(図1緑枠部分)

そうすると、「ユーザーごと」「セッションごと」「ヒットごと」という3つの選択肢が表示される(図1緑枠部分)。

図1:新しいセグメントを作成する画面

従来のカスタムセグメントは、基本的に特定の「セッション(訪問)」条件によって絞り込むのが基本だったのだが、それが「ユーザー」条件や「ヒット」条件でも絞り込めるようになったのだ。とりあえず、「ヒット/セッション/ユーザー」が表示されることを確認して、次に進もう。新しいセグメント機能については、以前の記事を参照していただきたい。

カスタム ディメンションを追加する画面の
「ヒット」「セッション」「ユーザー」

もう1つの例を見てみよう。ユニバーサル アナリティクスのトラッキングコードには、「カスタム ディメンション」というカスタマイズがあるが、図2はそのカスタム ディメンションの宣言を行う設定画面だ。

操作手順
  1. グローバルナビゲーションの[アナリティクス設定]をクリックする
  2. プロパティの下の方にある「カスタムディメンション」(図2赤枠部分)をクリックする
図2:共有したいアセットを選択

カスタム ディメンションの範囲を指定するプルダウンに、「ヒット」「セッション」「ユーザー」の3つがある(図2青枠部分)。カスタム ディメンションという新しい分析軸を作る場合には、あらかじめこの3区分のどれなのかを宣言してから利用するということになる。

標準のGoogleアナリティクスのトラッキングコードのカスタマイズでも、じつはこの3区分がすでに利用されている。それは「カスタム変数のスコープ」にあたる指定部分だ。カスタム変数については、下記を参照してほしい。

「ヒット」「セッション」「ユーザー」とは何か?

さて「ヒット」「セッション」「ユーザー」とは何か、ひと言でわかりやすく言えば、次のとおりだ。

  • 「ヒット」は「ページ」のこと
  • 「セッション」は「訪問」のこと
  • 「ユーザー」はそのまま「ユーザー」なので問題ないだろう

つまり「ヒット」「セッション」「ユーザー」とは、「ページ」「訪問」「ユーザー」という区分、すなわち、データを「点」で把握するのか、「線」で把握するのか、「面」で把握するのかを指定する概念だと思ってほしい。

名称 意味 データの把握イメージ
ヒット ページ
セッション 訪問
ユーザー ユーザー

図3は、ある同一人物(正確に言うと同一cookie)の3回の訪問履歴を表した図だ。

図3:ページ、訪問、ユーザーの概念
  • 初めて訪問したのは1月20日で、このときは外部のAというサイトから訪問してきて、①、②、③の3ページを見たということを示している(図3赤枠部分)。

  • 2回目に訪問したのは2月15日で、このときは外部のBというサイトから訪問してきて、①、③、④、⑤の4つのページを見たということを示している(図3青枠部分)。

  • 3回目の訪問は2月25日で、このときは外部のCというサイトから訪問してきて、①、②、④の3つのページを見た(図3緑枠部分)。

つまり、丸数字の部分が見たページ(ヒット)、矢印でつながっている線(図3でそれぞれ色枠で囲んだ部分)が各訪問の閲覧履歴(セッション)、そしてこの3つの線(図3全体)が同一人物の閲覧履歴(ユーザー)という見方になる。つまり、点で見るのか、線で見るのか、複数の線の集合体(面)で見るのかというデータの刻み方に3種類あるということだ。

これが「ヒット」「セッション」「ユーザー」の大まかな定義だ。

補足:「ヒット」には「イベント」や「トランザクション」も含まれる

先ほど、わかりやすく「ヒット」は「ページ」のことと言ったが、もう少し正確に言うと、「ページ」だけでなく「イベント」「トランザクション」(購入)などのデータも点のデータとして集計されるため、これらを総称して「ヒット」と表現する

「コンバージョン」は「ヒット」には含まれない。「コンバージョン」は、1訪問の中で、1つの目標に対して最大1カウントされる指標だ。同一のコンバージョンのポイントを1訪問内で2回踏んでも1カウントとされるので、ページビュー(ヒット、点)をカウントするのではないのだ。だからコンバージョンはセッション(訪問)に紐づいている指標ということになる。

また、「コンバージョン」は同一訪問内であれば、1つの目標設定に対して最大1カウントしかされないが、トランザクションは点で捉えるため、のべ数でカウントしてくれるという違いがある。

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。  → Google アナリティクス ゼミナール

この記事が役に立ったらシェア!
tweet20はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]