医師限定のWEB広告メニュー【ドクリーチ】をリリース。

医師限定のWEB広告メニュー【ドクリーチ】をリリース。第三者データを活用した広告ソリューションとして開発
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

概要

デジタルアイデンティティ:医師限定のWEB広告メニュー【ドクリーチ】をリリース 

株式会社 デジタルアイデンティティ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木謙司)は、第三者データを活用した広告ソリューションとして、医師のみにアプローチが可能なデータセグメントを開発。新たな広告メニューとして提供・運用を開始いたしました。

医師向けマーケティング支援を手掛ける株式会社Miewとの提携事業の一環として、株式会社Miewの運営する医師向けサイトをデータ統合プラットフォームに接続。広告向けにデータ成形することで医師に確実で効果的なターゲティング広告配信ができるソリューションを開発。

配信ターゲットには医療事務や看護師は含まず、純粋に医師のみを対象にアプローチが可能になりました。現在、国内の医師数30万人のうち5万人のデータを保有しています。 ※2018.02時点

医師向け商品のマーケティングや、富裕層向け商材を扱う広告主様を中心に、ブランディングや顧客獲得の支援の一環として提供していきます。

 

ターゲットの特長

・通常のWEB人口よりも全国にひろく分布している
・40代が3分の1ほどを占める。ついで30代、50代。
・既婚50%
・子どもあり23%
・世帯年収700万以上29%
・経営者・管理職19.5%
・直近3ヶ月のEC購入金額3万円超47%
・ブランド志向63%

 

資料ダウンロード

https://digitalidentity.co.jp/blog/ebook-page/ad-ebook-01.html
 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]