NTTデータ、米ツイッターと「Twitter」でのツイートデータの取得に関する契約を締結

日本語や日本で書き込まれた全データを取得、プラットフォームを開発して提供を開始
よろしければこちらもご覧ください

NTTデータは、「Twitter」を運営する米ツイッターと、Twitterでのツイート(投稿)データの取得に関する契約を結ぶことで合意した、と9月27日発表した。米ツイッターのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を通じ、日本語のツイートや日本で書き込まれた全ツイートデータを取得して提供できるようになり、大量・高精度にデータ提供可能なプラットフォームを開発してサービスを始める。

開発するプラットフォームから、ソーシャルメディア関連のツールやサービスに関わる企業にツイートデータを提供するとともに、ユーザー企業のソーシャルメディアや大量のデータ活用を支援する。ツイートデータの全量、サンプル、任意のキーワードで抽出したツイートデータをリアルタイムに提供するほか、過去のデータも対象にする。12月初旬のサービス開始を予定し、11月初めに詳細な内容を公表する。

NTTデータ
http://www.nttdata.com/jp/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]