データセクション、「Twitter」の過去13ヵ月分の全データが分析できるサービスを開始

データの10%をサンプリングしてキーワードを自由に検索可能な月額2万円プランも用意
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディア事業のデータセクションは、「Twitter」の過去13ヵ月分の全データが分析できるサービスを始める、と5月30日発表した。国内、日本語で書き込まれたすべてのツイート(つぶやき)データの再販権を持つNTTデータと連携し、データセクションがソーシャルメディア総合ソリューションとして展開。全データの10%をサンプリングしてキーワードを自由に検索できる初期費用5万円、月額2万円の「10%サンプリングデータプラン」も用意した。

サービスでは、10万件までのサンプル抽出、任意のキーワードによるフィルタリング、リアルタイムデータ、過去データの抽出を提供。商品開発、風評検知、自社リサーチシステムの構築、ソーシャルデータを組み込んだCRM(顧客関係管理)システムなどを実現し、大量のツイートデータがビジネスに活用できるようになる。10%サンプリングデータプランのほか、「Twitter全件データ定点観測プラン」や「Twitter全件データリスクモニタリングプラン」がある。

データセクション
http://www.datasection.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]