DDoS攻撃から守る「DDoS対策サービス」で新メニュー「Lite版」開始、月額5万円から

アルテリア・ネットワークス、検知プランと検知自動緩和プラン、コストの課題を解決

丸紅系で企業向け通信サービスのアルテリア・ネットワークスは、サーバーやウェブサービスのアクセス不能を狙うDDoS攻撃からネットワークシステムを守る「DDoS対策サービス」で、新メニュー「Lite版」を11月6日に始めた、と同日発表した。検知プランと検知自動緩和プランがあり、料金は月額料金5万円(税別)から。

DDoSは、複数のコンピュータから大量のトラフィックやリクエストを送る攻撃。サーバーやウェブサービスが通信障害や機能停止に陥り、ビジネス機会の損失や顧客の信頼失墜につながる。しかし、対策サービスは高価で、導入コストが課題だった。そのため今回、多くの企業が利用できるように料金を抑えたLite版を加えた。

DDoS対策サービスは、DDoS攻撃によるネットワークやサーバー機器へのトラフィックの過負荷を緩和して正常な通信を維持。企業はサービスが継続できる。DDoS対策装置はアルテリア・ネットワークスが構築・運用する。Lite版は初期費用7万4000円(税別)。検知プランは月額1Gで5万円(同)、検知自動緩和プランは同24万円(同)。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

行動ターゲティング
ネット広告の種類の1つ。 ユーザーごとに、そのユーザーがネット上でどんなサ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]